シューカツNAGANO応援隊

やり遂げた時の達成感が醍醐味!何でもやってみることが大切です。

  • 熊谷 優佑(飯田市出身)
  • 多摩川精機株式会社(2011年入社)
  • モータトロニックス研究所サーボ技術課

知れば知るほど魅力ある会社。学ぶ環境が整っていることにも感謝

当社には、学生時代にインターンシップで受け入れてもらっていました。社員同士でディスカッションしているところを目にし、わからないことを質問したり、相談したりできる職場の雰囲気の良さを感じていたので、会社選びの時にとても参考になりました。その後、就職活動を始めてからは就職情報サイトやホームページ、新聞や書籍などでも情報を集め、知れば知るほど当社のオンリーワンでナンバーワンな仕事に就きたいと思いましたし、先輩技術者の最先端の技術開発をしているという魅力を知り、ぜひ一緒に働きたいという意志が強くなっていきましたね。  

入社前、設計者の仕事はデスクワークがほとんどだと思っていました。しかし実際は、試作があったり評価試験をしたり、加工や組み立ての現場へ行ったり、時には取引先のお客様の現場にも行きます。そこで技術や知識を吸収しながら、状況や事象を把握し、課題や問題を検知して対策する。自分の経験や見識として一歩上の技術へつなげなければなりません。また、専門は機械だからとか、電気だから、化学だからといった区別はなく、どの分野においても自分が広くアンテナを張ってさえいれば、自然と学べる環境であることも、非常にありがたく思っています。

自動車の未来をリードするモーターメーカーになりたい

当社の仕事は家電や日用品とは違い、自動車や航空機、宇宙分野の部品が主になります。普段は一般の人の目に見えないものを作っていますが、実は多くの人の生活を支え、暮らしを豊かにするための製品を作っています。  

設計の仕事はあらゆるジャンルの知識が求められ、問題や課題を一つずつ解決して進まなければなりません。その時は苦労を感じますが、やり遂げた時の達成感はひとしおです。失敗や苦労を乗り越えた経験は「次はいいものを作るぞ」という原動力や、やる気の糧になっています。そのために心掛けているのは「学ぶこと」、「学ぶために行動すること」、つまり何でもやってみることです。やってみないと失敗も成功もなく空論で終わってしまいますからね。  

最近は、当社がこれまで主力生産してきたモーターとは異なる製法や新しい構造、機能を付加した部品を採用したモーターの量産がスタートし、順調に生産数量を伸ばしています。これは入社以来携わってきた思い入れのある製品で、長年培ってきた当社の技術を継承しつつ、新しいアイディアや意見も取り入れて開発を進めてきました。

当社の強みは高信頼性の回転角度センサーを自社開発・生産できることです。ハイブリッド車で培った信頼と高精度のセンサーとモーターの組み合わせで、さらに加速する自動車の電動化に追従または他社をリードできるモーターメーカーになりたいと思っています。

興味のあることにチャレンジ!何かを貫く経験が自分の糧に

仕事に限らず言えることですが、何に対しても意欲的なことが一番だと思います。設計者を希望するなら、探究心や向上心を持ち続けることが大事です。物事をあらゆる角度から見たり、時には自分を客観視してみたり、疑問を持って追究、探究する意欲が技術力を向上させると思います。そうした問題や課題に対して考え、追求していける人と一緒に仕事をしてみたいですね。まずは、元気にやる気を見せることから始めましょう。  

就職活動でいえば、私は大学主催の就職セミナーや県主催の合同説明会などにできるだけ参加して、分野を限定せずに会社説明を聞きました。初めて知る業種や会社がほとんどでしたが、資料だけでは伝わってこない会社の魅力や、そこで働く人の生の声を聞ける良い機会でした。また、たくさんの会社を見ることで、自分の選択に間違いないという確信が持てました。   

学生のうちにやっておいた方が良いと思うのは「思いたったら即行動」です。仕事は計画をたて、きちんと段取りをしてから行動に移さなければなりませんが、学生のうちは何でもやってみることが大事。アルバイトやサークル、ゼミ、研究、趣味など自分のやりたいことや、やるべきことを一つひとつ追究してみることが大事だと思います。何かを貫く姿勢や気持ち、その経験が自分の自信や糧になっていくはずです。

オフの過ごし方

もっぱら子どもと遊んで過ごします。サッカーをしたり自転車に乗ったり、カメラを持ってドライブに出掛けたり。また、ここ2~3年は畑でスイカとメロンを作っています。子どもと一緒に水や肥料をやって成長を楽しむ事ができるのも、自然豊かな信州ならではの生活ですね。ほかに地域行事の企画をしたり、運営をしたりと積極的に参加しています。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • ジョブカフェ信州銀座サテライト
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:koyotai@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州