シューカツNAGANO応援隊

住んでよし、働いてよし。信州で就職して本当に良かった!

事務職で採用、意欲を買われて4年目から技術職に!

建設コンサルタント業界の環境部門で技術者として働くには、まず体力面で女性は厳しく、知識面では一般に学部卒はありえないそうです。私が内定をいただいた当社でも、配属は希望の環境部でしたが「事務職」での採用でした。  

もっぱら技術志望だったため、事務に対して「自分に適性があるのか、きちんと出来るか」と不安でした。電話対応から始まり報告書作成など、細かく規程があり覚え るのが大変でした。先輩に教わったことをすぐにメモを取りその後まとめ、分からないことは必ず質問するか自分で調べるよう取り組みました。3年目、上司との面談で業務環境の改善を提案したところ、意欲が評価され、4年目から技術職に配転となりました。環境部では初めてのケースとのことでしたが、事務の仕事を通して基本的な知識が身についていたため、異動に伴い特に困難を感じることもありませんでした。  

現在は、シックハウス測定と騒音振動をメインに、人や環境への影響を検査しています。現場代理人の方との打合せ、現場作業、分析、解析、報告書作成と、ワンストップで現場から納品まで携わることができ、とてもやりがいがあります。部署内では土壌検査、水質検査、アスベスト検査、地歴調査、猛禽類調査、植生調査なども行っていますので、それらをお手伝いさせていただくこともあります。

現場は毎回状況が異なり、対応力が問われます

工事現場は同じ現場が一つとしてありません。造るものも住宅から大型施設、道路、ダムまでさまざま。関わる人や周辺環境も毎回異なるため、臨機応変な対応力が問われるのも面白いです。大変なことは、何といっても繁忙期です。現場も問い合わせも分析量も全ての業務が増えるので、キャパオーバーしそうになりますが、やり遂げたときの達成感は計り知れないほどです。  

私たちの仕事はただ「環境を守ればよい」のではなく、工事業者や役所などさまざまな立場の方の事情を汲みとって進めなければなりません。限られた納期内での交渉には難しい面も多いですが、私はお客様や営業の要望を出来るだけ実現したいと考え、そのために知識を増やしたり、効率化を計ったり、分析精度を上げたりと日々向上しようとしています。たくさんの人が関わる仕事なので、技術員の仲間や上司、事務員、経理の方など社内の人に対しても「無駄な苦労をかけていないか」などの気配りを持って行動するよう心がけ、信頼されるメンバーになっていきたいですね。今後はさらに幅を広げたいので、資格の取得を目指したり、あまり行わなかった業務に多く関わらせていただいたりして、知識と経験と知恵を増やしたいです。

有名な会社や、今やりたい仕事がある会社が魅力的だと思う方へ

入社しても働く意味が見出せず、辞めてしまう人もいますよね。だからこそ皆さんには、今のうちに「これだけは外せない」という自分の軸を見つけることをおすすめします。特に環境関連は専門を活かした仕事をしている方が多いため、ベースとなる知識は必要ですし、技術者志望であれば、やはり大学院に進んで自分の専門をしっかり持った方が良いと思います。魅力的な会社、入りたい会社は皆さんそれぞれあるとは思いますが、実は「どの会社に入るか」より軸を持った上で「そこでなにを学ぶか」が重要なのだと、今は考えています。軸となる思いを貫けば、その思いに共感し、あなたに入社してほしいと考える会社が必ず出てくるはずです。  

私が一緒に働きたいと思うのは、報告・連絡・相談がしっかりでき、向上心があって、他人のために働くことができる人。そういう人がいると職場の雰囲気も良くなり、本人だけでなく職場全体の仕事の質が上がります。学生の皆さん、就職活動は大変なこともありますが、自分を見失わないで最後まで頑張ってくださいね。

信州の魅力

人が優しい。道を渡ろうとしていたら必ず車が止まってくれるなんて他県ではありえません!その他にも空気が美味しく、信州にきたら都心の空気を吸えなくなるほど。また、スーパーで地元農家の野菜や果物を安く売っているため、地産地消が当たり前の様にできますし、人口が過密ではなく豊かな自然が近くにあり、本当に過ごしやすいです。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • ジョブカフェ信州銀座サテライト
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:koyotai@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州