シューカツNAGANO応援隊

大勢の同期と、温かく厳しい先輩たちに支えられています。

お金を扱う仕事の不安も細やかな研修と対話で解消!

思いやりのある人たちがいて、私自身の思い入れも深い地元長野で働きたいと考え、当組合を志望しました。入組前は、お金を取り扱うことや、同期と仲良くなれるだろうかなどといったことに対して、少し不安がありました。けれど、入組前から入組1年目にかけて、新入職員が段階を追って必要なスキルを身につけていくための研修を度々設けていただき、受講することで自然と不安が解消されました。  

研修では、教えていただいたことを研修資料にできるだけメモ書きし、仕事に活かせるように少しずつ覚えていきました。分からなかった点は教育担当の先輩に恥ずかしがらずに質問するなどして、理解を深めるように心がけました。本店ビルの研修室で行われるのですが、入組3~4年目の歳の近い先輩たちも来てくれて、いろいろと参考になる経験談を聞かせていただきました。また、研修中は県内各支店で働く同期50人が顔を合わせますので、互いにその時々の仕事の悩みを相談することもできて心強かったです。  

こうした研修や日々の仕事で覚えたことは、「自分ノート」を用意して書き綴っているんです。朝、電車の中で読み返して確認することも多々あり、音楽プレイヤーとともに通勤の必需品となっています。

いつも相手の立場で考えて「けんしん」ファンを増やしたい

実は、支店の皆さんに研修で不在になると連絡するのが遅くなり、直属の上司に「他の人たちの段取りもあるのだから、もっと早く予定を伝えてあなたの不在時に支障がないようにしておきなさい」と叱られたことがありました。その時「仕事は自分一人でやっているのではなく、全員の連携で成り立っている」という当たり前のことに、目が開かれたのだと思います。以来、仕事の流れに気を配り、相手の立場に立って物事を考えるように気をつけているんです。  

この仕事に就いてから、言葉遣いが丁寧になり、普段から「人に見られている」という意識を強く持って行動できるようになりました。ただ、プライベートで…例えばお店に予約の電話を入れる時なども、どうしても仕事上の話し方になってしまいますね(笑)。  

お客様の大切なお金を扱うので、もちろんミスのないよう常に緊張感を持って取り組んでいます。先輩方は、私に任せた仕事も「やった?」と後で確認してくださるなど、優しく丁寧に、時には厳しく指導してくださって、入組1年目は、できるようになったことを先輩に褒めてもらえたり、お客様から「ありがとう」と声をかけていただけたりすることがやりがいになっていました。これからは、相続に関する手続きなど複雑な事務も覚えてできることを増やし、少しでも役に立てるようになりたいです。お客様はもとより、一緒に働いている職員の方たちにとっても「やってもらって嬉しいこと」をしたいですね。そして、当組合のファンを増やしていきたいです。

学生時代の経験は宝!とことんやりきってください

学生の皆さんは、これからいくつもの会社の面接などを経験されると思いますが、その際「他の人と比べて変わったことを話そう」と難しく考えたり構えたりする必要はありません。自分が経験してきたことを話せるのは、自分しかいないのですから。皆さんに必要なのは、今、自分自身が熱中していることや興味のあることを、とことんやりきることだと思います。さまざまなチャレンジをして、たくさんの経験から学ぶことに専念していただければと思います。  

私が一緒に働きたいと思うのは、嘘をつかない方。素直に謝ることができる方。そして積極的にいろいろなことを経験し、さまざまな状況に対応できる力を身につける努力をしてきた方。それに加えて、社会人になったら自分の健康に気を遣えることもとても大事ですよ。今からしっかり体調管理をして、就職活動を乗り切ってくださいね!

信州の魅力

自然が豊かで、とても景色がキレイな場所が身近にたくさんあり、休日に手軽に楽しめる環境。お勧めスポットは、松川渓谷にある別名 “裏見の滝”とも呼ばれる「雷滝」です。野菜や果物がおいしいところも魅力ですね。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • ジョブカフェ信州銀座サテライト
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:koyotai@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州