シューカツNAGANO応援隊

自分自身も勉強し、成長しながら、お客様を支援していきたい。

大学で学んだ会計学を生かせる仕事に就きたいと思っていました

事業を行っている人や企業は、年に1回は申告と納税をしなければなりません。その決算や申告をするために、私たちは毎月、担当のお客様を訪問し、お客様が帳簿につけた収入や経費が正しいかをチェックしています。これを巡回監査と呼び、この監査と決算・税務申告が会計事務所の基本業務です。  

私は子どもの頃から計算や数字が好きで、大学では会計学のゼミに所属し、財務会計や管理会計を学んでいました。数字からその企業を読み取ることが楽しくて、将来も数字やお金に関係した仕事をしたいと思っていました。  

とはいえ、資格や専門知識がない中で、実際に会計事務所の業務ができるのか心配だったのですが、入社後は徹底した研修で知識を得るとともに、先輩社員の同行などで実務経験をしっかり積むことができました。研修は社内で行う税務研修や記帳研修、監査担当者養成講座などのほかに、自分の専門分野を決め、それに特化するための外部研修に参加することもあります。実務については所属の事業部にもよりますが、1年目は不特定の先輩社員に同行して監査や報告を学び、2年目から自分の担当顧客を持つ流れになっています。

専門知識と最新情報を提供するために、常に勉強が必要です

当社は決算などの事務的な業務だけでなく、新しい情報を得てお客様にご提案したり、セミナーを行ったり、新規事業や経営改善のコンサルティングなど、外へ出て仕事をすることがとても多いです。1年目は自分のスケジュール管理だけでも大変だと感じていたのですが、2年目からは、担当するお客様に対して基本業務を着実に行い、さらにお客様の悩みや希望をお聞きして一歩踏み込んだご提案をさせて頂くことも必要になります。  

お客様からは経営全般にかかわる問題について尋ねられることが多いのですが、まだ経験の少ない私にとってはとても難しく、もちろんその場で対応できるものだけではないので、訪問後は必ず先輩社員に報告してアドバイスを受けています。自分が全く知らない内容を質問されることもあるので、それを調べたり、上司や先輩に聞いたりして解決し、お客様の助けになれることが大きなやりがいとなっています。  

心がけているのは、わかりやすい言葉を使い、理解してもらえる伝え方をすることです。 税務や会計の用語は難しく、専門家ではない経営者の方が聞いてもわかりやすい言葉に、できるだけ置き換えて話すようにしています。まだまだ先輩社員のようには話せませんが、もっと経験を積んで、お客様から信頼してもらえる存在になりたいです。

大切なのはお客様への想い、そして自分の夢や目標!

今後は新規開業支援を行っていきたいですね。新規開業は、どこに開業するかを一緒に調べ、事業計画を作成し、銀行に融資交渉へ行き、採用支援を行い…というように非常に多くの業務があります。新規開業のお問い合わせを多く頂いている中で、私も開業のお手伝いをさせて頂きたいと思っています。  

会計事務所で働くというと、資格が必須という点にとらわれがちですが、知識やスキルは入社後でも身に付けることができます。それよりも大切なのはお客様への想いです。私たちのお客様は経営者ですので、常に将来を考え夢に溢れています。そのような方々の支援をしていく中で、自分にも「夢」や「目標」があると親身に支援ができると思います。将来何がしたいか、当社でどのような業務を行っていきたいか、将来どんな自分になりたいかをしっかり考え、熱い想いを持った方と、ぜひ一緒に働きたいですね!  

よく言われることかもしれませんが、就職活動の期間ほど多くの社会人と出会い、話を聞くことができる時はありません。社会人になってしまうと、他の企業の説明を聞く機会は少なくなります。是非多くの企業を訪問し、世の中にある多くの仕事を知ってほしいと思います。

信州で働こうと思ったきっかけ

都会への憧れはあったのですが、地元と東京都で就職活動をするうちに「長野県は環境が非常に良いのでストレスなく働くことができる」と思うようになりました。景色と食べ物のおいしさ、住む人の人柄の良さに加えて東京都へのアクセスも良く、とても生活のしやすい地域だと感じています。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • ジョブカフェ信州銀座サテライト
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:koyotai@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州