シューカツNAGANO応援隊

信州の道路や橋、河川……。県民の快適と安全を守り、地図に残る仕事を。

  • 藤村 潤太(安曇野市出身)
  • 株式会社サンタキザワ(2015年入社)
  • 土木部
  • 道路や橋の工事、河川の改修や地滑り対策といった土木工事現場の管理・監督を担当しています。工程を組んで職人と工法を相談し、現場が効率的かつ円滑に進むようクライアントと職人の意見を調整したり指導したりと、コミュニケーションが重要な仕事です。

信州で働こうと思ったきっかけ

進学のため東京に移り住みましたが、都会の雑踏やごみごみした街が苦手で、長い休みは必ず帰省するなど信州はいつも安心する場所でした。就職活動では東京近郊の企業も検討しましたが、やはり「自然豊かな信州で働きたい」とUターンすることに。働くなら、ビジネスの中心である県庁所在地の長野市近郊が良いと北信地方の企業を回り、サンタキザワに出会いました。

企業選びの決め手

幅広い業種を検討する中で興味を持ったのが、社会基盤であるインフラを作り整える土木の仕事でした。自分が関わった橋や道路が目に見える形で完成し、地図の上に残るのはこの上ない達成感だと思いましたし、何よりも社会の役に立つ仕事がしたかった。しかもサンタキザワは、100年に及ぶ歴史を持つ地元密着型企業です。企業として長く継続しているということは、それだけ独自の強みとノウハウがあるということ。会社見学に行った時の雰囲気の良さが決め手になり、入社を決めました。

いかに円滑に、効率良く進めるか

縁の下で支える現場監督現場監督の仕事は、工事内容や現場によって毎回求められることが違います。何か一つを極めるよりも、状況に応じて柔軟に考えるのは自分に合っていますし、日々新しいことを経験したり知識が増えることも面白い。だから迷わず「仕事は楽しい」と言えますね。

もちろんプレッシャーはあります。例えば、夜通し通行規制を敷いて行う道路工事で事故が起こる可能性もありますし、作業員がロープ一本で斜面を登って施工する地滑り対策工事は、ケガの危険と隣り合わせです。どんな状況でも安全かつスムーズに工事が進むよう管理するのが私の仕事ですから、マニュアルにとらわれず、常に細心の注意を払うよう心掛けています。

もうすぐ入社3年。仕事の仕組みを一通り覚え、ようやくスタートラインに立てたという感覚です。常に勉強を重ね、もっと上へと志す姿勢が大切。土木施工管理技士の資格を取得して現場経験を積み、会社になくてはならない存在になりたいですね。

何を一番大切に働くか?

じっくり考え、肌で感じること信州の魅力は、日本を代表する山々に囲まれた豊かな自然と、発展した市街地のバランスがちょうどいいところ。ふらっとドライブに出掛けただけでも、必ず素敵な景色に出会える環境は最高です。

就職活動で重要なのは、自分の中で「優先順位」を決めておくことだと思います。私の場合、譲れなかったのは「働きやすさ」。いわゆるブラック企業ではないか、ということでした。会社を見学した時に和やかな雰囲気を実感しましたし、社長と面接で話した時も、見た目よりおおらかで話しやすい人だなと感じたんです(笑)。自分の肌で感じる感覚を大切にしてくださいね。

株式会社サンタキザワのココがPOINT

  • 北信州の豊かな自然の中で、地域の基盤として安全・安心な暮らしを整える取り組みを追求しています
  • 官公庁からの実績・表彰も多数あり
  • 講習や国家資格取得などの費用は100%補助!
  • わが社のキラリポイント
  • 歴史を継承
  • 生活に身近
  • 制度・福利厚生
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州