シューカツNAGANO応援隊

地元密着の銀行として、信州の農業をサポートしたい。自分で切り拓く、夢への道。

  • 河野 佑太郎(松本市出身)
  • 株式会社八十二銀行(2013年入社)
  • 伊賀良支店 営業担当
  • 今の肩書きは「テリトリーヤー」。通常、銀行業務は個人のお客さまと法人のお客さまとで担当者を分けるのですが、テリトリーヤーは担当エリア内で両方を兼務するのが特徴です。最初は大変でしたが、両方のやりがいを感じられるのは嬉しいですね。

信州で働こうと思ったきっかけ

母の実家が塩尻でワイン用のブドウ栽培を営んでいて、信州にはよく遊びに来ていました。当時暮らしていた大阪の雑踏とまったく違うのんびりした空気が大好きで、「いつか住みたいな」とぼんやり思っていたんです。就職活動に悩んで「自分は何が本当にしたいんだろう」と考えた時、自然と頭に浮かんだのが信州の祖父母の存在でした。「自分が学んだ会計分野を生かして、農業を支える仕事をしたい」と思い、地元密着の金融機関である八十二銀行に出会ったんです。

企業選びの決め手

思い入れのある信州でトップシェアを誇る金融機関であることです。地方銀行を取り巻く状況は必ずしも良いものばかりではありませんが、当行は県内で安定した基盤を築いており、農業を支援する「アグリビジネス」の試みも始めています。信州出身の母の「八十二銀行も良いと思うよ」という言葉も心強かったですね。

個人も法人も担当する「テリトリーヤー」地域を舞台にオールラウンドで活躍

現在、赴任2店舗目の伊賀良支店で「テリトリーヤー」として勤務しています。通常、銀行は個人のお客さまを担当する「マネーアドバイザー」と法人のお客さまを担当する「法人渉外」に職種が分かれているのですが、テリトリーヤーは個人法人問わずエリア内をすべて担当するのが特徴。例えば企業のご融資の相談に乗りつつ、従業員の方の資産運用やローンもご提案するなど、地域の方との密なコミュニケーションが面白さです。その分、学ぶべきことは多いですし時間管理もシビアですが、知識も経験も増えるし、さまざまなやりがいを味わえるのはテリトリーヤーならではの魅力ですね。

「どんな銀行員になりたいか」可能性を切り拓いていける環境

マネーアドバイザーの楽しさは、医療保険や投資信託など、お客さまの生涯を通した「お守り」としてお付き合いが続くこと。最初は八十二銀行という看板のもと信用していただいても、信頼が重なり「河野さんだから任せたい」と言っていただいた時は、営業成績が伸びるよりも断然嬉しいんです。

法人渉外ではさまざまな業種の企業と接するため、勉強に次ぐ勉強の毎日。私の担当エリアには畜産農家が多く、もともと「農業経営をサポートしたい」と考えて入行した私には目標に近づいている手応えもあります。

当行にはさまざまな分野のプロフェッショナルがいるので、専門的な勉強を重ねた行員が農家の方にアドバイスを行うことも。そうした個性豊かな先輩行員の存在は、八十二銀行ならではの魅力だと感じます。例えば「マーケットのプロフェッショナルになりたい」と手を挙げれば、専門的な資格取得や出向希望などバックアップしてくれる環境がある。どの方面で力を伸ばし、どんな銀行員になりたいか、いくらでも自分で切り拓いていけるんです。

株式会社八十二銀行のココがPOINT

  • 長野県と共に歩む「地域活力創造銀行」
  • 県内から海外まで、多様な経験で成長できる
  • ワークライフバランスを実現して働ける
  • わが社のキラリポイント
  • シェアNO.1
  • 上場企業
  • 生活に身近
  • 制度・福利厚生
  • 海外展開
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州