シューカツNAGANO応援隊

人とのつながりに感謝して。ガスをベースに、地域の暮らしをお手伝い。

  • 小松 信友(諏訪郡富士見町出身)
  • 岡谷酸素株式会社(2012年入社)
  • 岡谷営業所 LPガス課
  • 主に一般家庭のLPガスの保安業務と営業を担当しています。お湯が出ない、火がつかないといった緊急相談の対応はもちろん、4年に一度は定期点検でご家庭を回り、暮らしに合う機器への交換やリフォームなど暮らしを快適にする提案を行います

信州で働こうと思ったきっかけ

正直に言うと、両親に「戻ってこい」と言われたからです(笑)。とはいえ家族の近くで暮らせるのは安心ですし、自然と街のバランスがちょうど良い信州は暮らしやすいですね。何より実感するのは、人と深く関わることの魅力。信州で働き生活していると、家族やご近所など仕事以外の交流が自然と生まれるんです。一人暮らしをしていた頃はわずらわしく思うこともありましたが、地元で生きていこうと決めると、「まわりに必要とされている自分」「まわりへの感謝の気持ち」がいつしか生まれて。信州だからこそ感じられる、かけがえのないものだと思います。

企業選びの決め手

暮らしを支える仕事がしたいと、生活インフラに関わる仕事を希望しました。ガス会社として地元で信頼が厚い当社の説明会に参加したところ、「当社では何を売ってもいいですよ」という言葉に衝撃を受けたんです。広い分野で展開する総合商社ゆえの強みだと思いますし、ここならやりたいことを見つけて成長していけそうだと感じました。

ガスをベースに日常を支える総合商社「暮らしのお助けマン」を目指したい!

「岡谷酸素といえば、地元で親しまれるガスの会社」。そんなイメージで参加した説明会で、「当社では何を売ってもいいですよ」という採用担当者の言葉に驚きました。当社は生活用LPガスから産業用・医療用の特殊ガスまで、さまざまなシーンのガスをベースに広い分野を手がける総合商社。家電製品から車、住宅リフォームや太陽光発電システムに至るまで、あらゆるものを販売しています。

背景にあるのが、ガス会社ならではの地域との密なコミュニケーション。たとえば定期点検でお住まいに伺った時には、設備の検査だけでなく普段困っていることがないか確認するために「声かけ」を大切にしています。高齢者の方が「石油ストーブは給油が大変」とお困りであればガスファンヒーターを提案したり、キッチンが老朽化していると聞けばリフォームを提案したりと、日常の不満を解消する「暮らしのお助けマン」が私の理想。提案しっぱなしではなく、工事後も問題ないか様子を見に行くようにしています。そんな時「交換して良かった、ありがとう」と笑顔を見せてもらえると、心から嬉しいですね。「小松さんにお願いしたい」と言われる存在が目標です。

信州で再発見した人とのつながり周囲の人に支えられて、今の自分がある

一人暮らしの時は分からなかったことですが、信州に戻って実感するのが人とのつながりの大切さです。家族、会社の同僚、地元消防団の仲間、地域の方々…。いろいろなコミュニティが重なって自分の暮らしができているし、人との絆が自分自身を作ってくれる。そんな感謝を感じるようになれたのは、暮らしも仕事も充実している証なのかもしれません。

岡谷酸素株式会社のココがPOINT

  • 長野県内工業用ガスのシェアNo.1
  • 業務に関する資格取得支援制度があります
  • 若手社員活躍の場がたくさん!
  • わが社のキラリポイント
  • 生活に身近
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • ジョブカフェ信州銀座サテライト
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:koyotai@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州