シューカツNAGANO応援隊

利用者さんは人生の大先輩。多くの教えをもらいつつ感謝と尊敬の日々。

  • 小池 みのり(伊那市出身)
  • 社会福祉法人上伊那福祉協会(2016年入社)
  • 特別養護老人ホーム コンソール大芝
  • 介護士として特別養護老人ホーム「コンソール大芝」の利用者さんの食事、入浴、排せつなど生活全般のお手伝いをしています。入職した当初は同じ施設内のショートステイ(短期入所)を担当していましたが、今年から長期入所の担当になりました。

信州で働こうと思ったきっかけ

実家から通える範囲で働くのは両親の希望でした。県外の短大に進学する時、両親から「ちゃんと戻ってくるのか」と心配されましたが、一度は県外で一人暮らしをしてみたかったので、説得し進学しました。もともと私も地元が好きなので、初めからUターン就職を決めていましたし、短大時代を過ごした群馬県は言葉の雰囲気が地元とは違ったり、近所付き合いが希薄だったりしたころもあり「改めて地元がいちばん」と再認識しましたね。

企業選びの決め手

祖父母とずっと同居してきたので、お年寄りと関わることが自然でした。高校進学時、いつも買い物に付き添ったり、畑仕事を手伝ったりしている、大好きな祖母から「みのりは優しいから福祉の仕事に向いているよ」と言われたのがきっかけで福祉分野を志すようになりました。福祉コースのある高校に進み、短大でも介護を学んだのは祖母の影響が大きいです。当法人のことは、高校の時に実習でお世話になったことがあり、よく知っていたので、就職が決まった時は家族や周りの人も喜んでくれました。

その人らしい生活のお手伝い

施設での1日は、午前7時に利用者さんを起こして洗面や身支度を手伝うところから始まり、朝食、午前のお茶、昼食―と続きます。

入職したばかりの頃は1日のスケジュールをこなすだけで精いっぱいでした。今は、利用者さんとお互いに顔や名前を覚えてコミュニケーションを取れるようになり、自信がついてきました。長期入所を担当しているので、利用者さんがその人らしく生活できるよう心掛けています。例えば着替える時、ボタンを掛けるのは手伝っても、羽織るところまでは自身にやってもらうなど、どうしてもできない部分だけサポートして、できることを増やすようにします。何でも手伝ってしまったら、その人の生活ではなくなってしまいますから。できることが増えていくのを間近で見られて、一緒に喜べるのもこの仕事の醍醐味ですよ。

認知症の症状で、こちらの思いを理解してもらえなかったり、拒否されてしまったりして悔しい思いをすることも時にはあります。そんな時は、同僚や先輩に相談したりして、一人で抱え込まないようにしています。

相手は人生の大先輩、尊敬の気持ちで接しています

利用者さんは家族のようにとても大切な存在。一方で、人生の大先輩でもあるので教えてもらうことも多く、尊敬の気持ちを持って接しています。

利用者さんの部屋には、写真を貼ったり、季節を感じられるような飾り付けをするよう心掛けています。施設にいて退屈することがないように、こちらの作業を手伝ってもらったり、一緒にできる作品づくりを取り入れたりしています。一番のやりがいは利用者さんの笑顔。毎日をもっともっと笑って過ごしてもらうのが目標です。

介護職の需要は多く、超高齢化社会の日本を支える大切な仕事だと実感しています。人と接することが好きで、明るい性格の人であれば、ぜひこの仕事をおすすめします。

社会福祉法人上伊那福祉協会のココがPOINT

  • 職員を大切にする(職員の負担軽減につながる取り組み)
  • 休みが多い(自分の時間、家族・友達との時間を大切に)
  • 成長できる環境(研修、教育の充実により、人として大きく成長)
  • わが社のキラリポイント
  • 女性が活躍
  • 生活に身近
  • 制度・福利厚生
  • アドバンスカンパニー
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州