シューカツNAGANO応援隊

人生の節目である結婚式おふたりの笑顔が私のやりがい。

  • 伊藤 絵美子(松本市出身)
  • 東洋観光事業株式会社(2012年入社)
  • ホテルブエナビスタ料飲部ブライダル課
  • 研修を経て2012年7月にホテルブエナビスタ(松本市)の営業部宿泊課に配属され、フロントやお客さまを部屋まで案内するベルスタッフとして勤務。2015年1月からはブライダル課でブライダルコーディネーターとして、晴れ舞台に立つカップルの夢を実現するお手伝いをしています。結婚式場選びの見学に来館していただいた時から担当が始まり、全体の予算や日程の調整、料理のメニューや引出物の品選びまで、思い出に残る大切な日を迎えるため、できるだけ要望に応えられるようおふたりの声に耳を傾けています。

信州で働こうと思ったきっかけ

業種は観光業と決めていましたが、就活を始めた頃は学生時代を過ごした関東にするか、地元で就職するか悩みました。その中で、県内外から観光に訪れる人に地元の良さを伝えることは地元で生まれ育った自分だからこそできるのはないかと考え、とても魅力的に思い始め、信州での就職を意識するように。同時にそれは地域への恩返しにもなります。また実家から通えば、安心感もありますし、親孝行もしやすいと考えてUターン就職を決めました。

企業選びの決め手

ホテルは非日常の空間で、訪れるとわくわくしませんか。働いている人の制服姿もかっこよく見えたし、人と接する仕事がしたかったので、ホテル業界への就職を希望しました。当ホテルは実家から近く、レストランや宴会場を何度か利用したことがあり、憧れていた場所だったので、選択肢の一つでした。決め手となったのは、スタッフ同士で評価し合う制度があったこと。輝いているスタッフに向けて、良いところを書いたカードを贈るんです。頑張っているところを誰かが見ていてくれて、知ってくれているってうれしいですよね。スタッフ同士で良いところを吸収して成長できる環境で働きたいと思いました。入社後、私も何枚かカードをもらいましたが、とても励みになりましたし、今も宝物です。

スキルアップの研修が充実技を披露できるのもうれしい

ホテルの接遇は多岐にわたり、どれも職人技。入社後の研修で身だしなみ、立ち居振る舞いを徹底的に身に付け、宴会サービス、調理、荷物の運び方などホテル業界の全てを覚えます。当社にはスタッフ同士で評価し合う制度があり、同僚から立ち居振る舞いや行動を褒められたときは「しっかり身に付いているんだ」と実感できてうれしいです。また、接客業ですから、身に付けた技術を日々お客さまに披露できることもやりがいにつながります。

入社時の研修以外にも、目標管理や役職別の研修、テーブルマナー、正しい日本語の使い方など、スキルアップのための研修やセミナーが充実しているので、私は積極的に参加しています。人として、社会人として、ホテリエとして、学ぶ機会をいただき、成長していける環境に感謝しています。

幸せな門出を見送るのは毎回感動します

ブライダルの仕事はとても夢があり、お客さまから幸せを分けてもらえる仕事。それと同時に、おふたりの一生に一度の晴れ舞台を預かる大きな責任もあるため気持ちは引き締まります。

式場見学で訪れたカップルを案内し、成約していただければそのまま式当日まで担当することになります。おふたりらしい式を実現するためには、まずカップルをよく知ることから。相手のことを話してもらうために、まずは私自身のことを話して身近に感じてもらえるよう心掛けています。準備期間は半年から1年、年間約25組の幸せな門出を見送っています。長いお付き合いになるので、信頼関係が何より大切。時にはカップルの意見が一致しないこともありますが、そこは腕の見せどころ。両方の意見を取り入れつつ、期待以上の式を提案できるよう努めています。

式当日はこれまでの準備の集大成の日。おふたりの晴れ姿を見ると涙が出るほど感動し、胸がいっぱいになります。

東洋観光事業株式会社のココがPOINT

  • ホテル・旅館・レジャー施設・ゴルフ場など多岐にわたる事業を展開
  • 次世代リーダー育成を見据えた多彩な研修・セミナーを年間多数実施
  • 一流の域を目指すホスピタリティマインド溢れるホテリエ
  • わが社のキラリポイント
  • 若手が活躍
  • 観光・宿泊・レジャー
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州