シューカツNAGANO応援隊

諏訪が誇る精密機械メーカー。社員の暮らしを守る人事として、もっと知識を深めていきたい。

  • 岩下 ふみか(茅野市出身)
  • 日本電産サンキョー株式会社(2015年入社)
  • 人事部
  • 人事部に所属し、社員の給与や社会保険の管理を担当。「正しいのが当たり前」とされる業務で大きな責任を感じます。保険や年金などお金に関わる業務を行う上で役立つと思い、ファイナンシャルプランナーの勉強もしています。

信州で働こうと思ったきっかけ

信州の魅力は人ごみが少なく、季節を感じられる豊かな自然があること。とはいえ大学が神奈川だったので、就職は東京方面か信州に帰ろうか、とても迷いました。そのため、就職活動はエリアを並行して進めることに。東京でも信州の企業説明会がよく開かれていたので、無理なく進められました。信州で興味があったのは、地元・諏訪エリアの独自の強みがある製造業です。一番最初に当社から内定が出て、Uターンしよう!と心が決まりました。

企業選びの決め手

JR下諏訪駅前に建つ当社は、子どもの頃から電車の窓越しに眺めていた親しみある存在でした。地元では昔から知られた企業なので、安心感もありましたね。何より決め手になったのは、東京で開かれた説明会に参加した時、人事の方の対応がとても温かかったこと。先輩社員の話を聞いた時も、いきいきと働いている様子が印象的で。一番最初に当社から内定を頂いたことにも縁を感じ、入社を決めました。

給与や休暇、社会保険の管理社員の暮らしを支える存在として

昔から精密機械産業が盛んな地元・諏訪エリア。中でも創業70年、オルゴールから始まった歴史の中で技術を育んできた当社は、現在、超小型ステッピングモータから大型液晶ガラス基板搬送用ロボットまで幅広く展開し、世界トップレベルのシェアを誇る製品も多数あります。そんな強みに惹かれて入社した私が志望したのは人事の仕事。就職活動で接した人事の方の対応がとても温かかったのが印象的で、率直に「ここで一緒に働きたい」と感じたんです。

とはいえ、業務は社員の給与や積立、保険料や税金の徴収といった「正しくやって当たり前」と評価されるシビアな世界。1円でも間違えれば影響が出る、言わば社員の暮らしを守る立場なので責任を感じます。仕事ではさまざまな専門知識が必要。入社後に周囲の勧めもあって簿記の資格を取得しました。これまで「間違っているよ」と指摘されてもピンとこなかった部分が自分でもわかるようになり、知識を身につけることで仕事が面白くなると実感しました。

実感する福利厚生の重要性資格取得で可能性を広げたい

社会保険に関する知識は、私自身も利用していく身近な分野。仕事で当社の制度を扱っていると、例えば産休・育休制度、育休復帰後の時短制度もしっかり整っていますし、実際の復帰率も100%近い。改めて当社の福利厚生の手厚さを実感します。

これからさらに勉強し、人事部の先輩方のような広い知識を身につけたいです。あと、グローバル企業でもある当社では英語が必要となる機会もありますので、英語の勉強も欠かせません。毎日コツコツ勉強するのは根気がいりますが、海外旅行をすることも好きですし、自分の可能性を広げていきたいです。

日本電産サンキョー株式会社のココがPOINT

  • 長年培った技術で世界トップシェアを実現
  • 日々の「快適・便利・安全」で社会に貢献
  • 理系・文系の幅広い職種の社員が活躍
  • わが社のキラリポイント
  • シェアNO.1
  • 歴史を継承
  • 生活に身近
  • 海外展開
  • 県内研究活動拠点
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州