シューカツNAGANO応援隊

携わった商品が海外で販売される喜びを実感

  • 土屋泉季
  • 株式会社みすずコーポレーション
  • 海外販売部
  • 長野市出身。獨協大学外国語学部卒業。さまざまな地方へ出掛けて、その土地の食を味わうのが好きです。全国制覇をしてみたいです。
  • 2016年に立ち上がったばかりの海外販売部で、輸出関連の展示会準備や商談会への参加、海外の新規取引先の開拓などを担当しています。

英語を生かして、興味のあることを仕事にしたい

仕事のモチベーションのために、自分が好きなことを仕事にしたいという思いがありました。もともと食に興味があり、大学で学んだ英語も生かせるようにと、海外へも事業展開している食品関連の会社を中心に就職活動を行いました。自分に合った会社があれば、勤務地は東京か地元長野のどちらでもいいかな、と考えていましたが、私満員電車が苦手で…。そんなことを考えたら「長野は快適なのかな」とも思っていました。 弊社のことは最初、就活サイトの検索で知りました。会社説明会に参加したとき、海外事業について個人的に質問してみたところ、ちょうど海外販売部が立ち上がり、海外市場の開拓に注力していると知り興味を持ちましたね。その後、人事の方を通して海外営業を担当している社員とお話しする機会をいただき、詳しい仕事内容をいろいろと聞く中で、「私も長野に住みながら世界を活躍のフィールドにして、自分が携わった商品が海外で販売されているのを見てみたい」という思いが一気に強くなりました。

職場の雰囲気は徹底的に質問

それまでの就活の中で、「会社の雰囲気は会社ごとに全然違う」と実感していたので、仕事内容のほかにも、どんな人がいるのか、社員同士の受け答えの仕方はどうか、女性社員の比率はどれくらいかなど、職場の雰囲気についても徹底的に質問しましたね。人事の方や訪問した社員の方のお話から、とても柔らかい雰囲気の会社だと分かり、入社を決めました。 就活の期間は明確に決まっているわけではないので、なかなか区切りを付けられずに長期戦になる人も中にはいるかと思いますが、私は最初から期間を区切って就活をしていたので、その中で自分に合った企業と出会えて良かったです。

配属から1年で、5回の海外出張

入社後、半年の研修期間を経て現在の海外販売部に配属されました。配属からの1年間で、シンガポールや英国などへの海外出張はすでに5回ほど。海外市場開拓のため、現地の展示会や商談会に参加し、日本食材の輸入会社やバイヤーに向けて、自社商品をPRするのですが、食文化の違いから、試食の反応もさまざま。「おいしい」という感想はうれしいのですが、いまひとつの反応を示される時も。いろいろな反応が返ってくるのが面白いですね。ほかにも出張の際は現地のスーパーでどんな商品が売られているのか、他社の商品のチェックなど市場調査をすることもあります。

帰国後も海外とのやりとりは継続

海外での展示会や商談会ではすぐに契約が成立しませんので、帰国後も、展示会で話をした方にメールをしたり、新規の問い合わせなどに対応してやり取りを続けていきます。先日、やり取りがあったタイの企業から凍り豆腐のカツの新規注文が入り、輸出が開始されました。取り組んだ仕事が結果につながったときはやりがいを感じますね。また国内営業のサポート業務も仕事の一つ。営業担当からの要望に応じて売り場で商品をPRするための販売促進物も作成します。商品の開発担当者から新商品の特徴やポイントを聞いたり、自分で味や香りを確かめたりして、より魅力が伝わるよう工夫しています。

オフの過ごし方

住まいが会社近くの社宅なので通勤時間が短く、残業もそれほどないため、プライベートの時間はしっかり確保できています。休日は気になるお店にランチに行ったり、買い物に行ったり、友人と会ったり。旅行も好きで、オフの時間は外に出て過ごすことが多いですね。

学生へのメッセージ

学生生活は忙しいと思いますが、仕事をするようになればもっと忙しくなります。入社前にやりたいことをとことんやり切っておいてください。

株式会社みすずコーポレーションのココがPOINT

  • 大豆関連食品製造では全国トップシェア!
  • 自社設備開発力、資源循環型の取り組みが自慢!
  • 社員の「健康&育児」環境整備に積極的!
  • わが社のキラリポイント
  • シェアNO.1
  • グローバル展開
  • 地域に貢献
  • 制度・福利厚生
  • 若手・女性
  • 事業拡大
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州