シューカツNAGANO応援隊

地域の暮らしと経済を、物流の力で支える

  • 山本佑弥
  • 信州名鉄運輸株式会社
  • 総務人事部
  • 佐久市出身。入社7年目にして3部署を経験。年上の取引先との交渉でも相手の話を真摯(しんし)に聞くことを心掛ける。人から好かれるタイプと上司からも太鼓判。
  • ドライバー職、配車などの管理業務(内勤職)を経験し、現在は総務人事部で採用の仕事を担う。運送業、特にBtoBの運送業に対する学生のイメージを上げることやどうすれば興味を持ってもらえるかを模索中。

生まれ育った場所で地域貢献ができる仕事を

大学は金沢市に進学しましたが、長男ということもあり、入学当初から地元で就職をしたいと思っていました。地域に貢献したいという気持ちから、人々の暮らしに密着した仕事を希望。経済学部だったこともあり、当初は金融機関を主に、公共事業を行う企業や公務員などを目指し、就活を進めました。 私が大学生の頃はまだ金沢まで新幹線が通っておらず、長野市からでも往復4時間はかかりました。大学が開催する企業説明会などにはもちろん足を運びましたが、当時は長野県の企業も北陸の大学に来ることは少なくて。地元の企業を知るには地元に行くしかなく、お金も時間もかかりました。また、私が就職活動をしていた時期は、リーマンショック後のいわゆる就活が厳しい頃で、なかなか内定がもらえずに悩んだ時期もありましたね。そんな中、就活も終盤にかかった時期に出会ったのが今の会社です。人々の暮らしを裏で支える物流の仕事に魅力を感じ、入社を決めました。当初目指していた業種とは少し違いましたが、地元で働き、そこに暮らす人々の暮らしを支えるという点は一貫して希望をかなえられました。

入社後改めて実感した物流の大切さ

仕事の魅力は就活中に話を聞いていても、実際に働いて現場を見て初めて分かることが多かったです。入社2年目の冬(2014年2月)、関東甲信地方が大雪に見舞われ、トラックも全く動けなくなり物流が止まってしまったんです。普段は当たり前にあるものが品薄になった状況を目の当たりにしたこと、また物流が再開したときの皆さんからの感謝の言葉を聞いて、自分たちの仕事が経済と暮らしを支えていると改めて感じました。

ドライバー職で感じた、働く面白さ

当社は総合職とセールスドライバー職での採用があるのですが、私が入社した頃は現場を知ることを目的に、総合職採用でも期限付きでドライバーとして働く制度がありました。(現在は廃止)その制度で私も入社後に中型免許を取得し、3年半はドライバーとして長野市内での配達や集荷を行いました。当社の顧客は個人ではなく法人なので、自分の担当取引先があります。ドライバーの仕事は体力も必要ですし、時間にも追われるので大変な仕事ではありましたが、担当する取引先と顔なじみになり信頼されることはやりがいにつながりましたね。

自分が見つけた仕事の魅力。次は学生に伝えたい

ドライバー職の期限が終わったあとは、佐久支店で内勤として配車業務を行いその後、総務人事部へ。異動を告げられた時のことは今でもよく覚えています。あまりに突然のことでとても驚いたので…。自分が経験した仕事やその魅力を学生に伝える立場になったのですが、説明会や面談だけではなかなか伝えきれません。どうすれば興味を持ってもらえるのか、日々考えています。今は学生が会社を選べる時代ですが、表面上見えるいいところだけではなく、多くの企業の深いところを少しでも多く知って就職活動をしてほしいと思います。

オフの過ごし方

趣味のゴルフによく行きます。高校時代にゴルフ部だったので地元にいる先輩や同期と行くこともありますし、会社の同僚や上司と行くことも多いです。仕事は仕事で厳しく指導していただきますが、プライベートでも仲良くしてもらっています。

学生へのメッセージ

さまざまな業種や仕事に興味を持って、多くの企業を知ること!インターンシップなどで企業の生の声を聞くことを怠らないで!

信州名鉄運輸株式会社のココがPOINT

  • 長野県内の業界売上No.1(東京商工リサーチ調べ)
  • 70年以上にわたって長野県を支えてきた会社
  • UIターン者多数!
  • わが社のキラリポイント
  • シェアNO.1
  • 地域に貢献
  • 若手・女性
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州