シューカツNAGANO応援隊

0.01mmの精度にこだわり、世界のものづくりを支える

  • 上嶋祐也
  • 天竜精機株式会社
  • 製造部・組立グループ
  • 松本市出身。名古屋商科大学経営学部卒業。大学の4年間を県外で過ごし、地元の良さを再確認。過ごしやすい長野県にUターンしました。
  • 製造部の組立グループに所属し、自社製品の「クリームハンダ印刷機」や「カット・フォーミング機」の組立から調整までを担当。さらにリクルーターとして説明会やインターンにも参加しています。

自分の興味・関心を大切に。視野を広げて就活スタート

信州の魅力は、過ごしやすい気候と風土。大学の4年間を県外で過ごし、地元の良さを再確認しました。ずっと暮らすなら信州がいいと考え、就職活動は県内企業に絞って行うことにしま した。 就活スタート時はやりたいことが明確に決まっていなかったので、自分の興味のあること、少しでも「やってみたい」と思える分野について深く調べるように心掛けました。実は私がものづくり企業を志望するようになったのも、「長野県といえば製造業」というイメージから。はじめは“興味”で調べ始めましたが、各社が独自の技術を持ち、信州にいながら最先端の分野に関わる仕事ができることに驚き、就職先として検討するようになりました。

「あの先輩のようになりたい」先輩の姿に憧れを感じて

もう一つ、私が就活中に大切にしていたのが説明会や会社見学への参加です。企業の魅力や雰囲気を知るまたとない機会ですから、積極的に足を運びました。私が当社への入社を決めたのも、実際に来て、見て「ここで働いてみたい」と強く思ったからでした。初めて工場見学をした時は、その規模や機械の大きさに「すごい!」「初めて見るものばかりで訳がわからない!」と、とにかくびっくり(笑)。先輩社員が熱心に、時に和気あいあいと仕事をしている姿を見て「私も先輩のようになれるかな」と憧れを持ったことを覚えています。さらに最終的な決め手となったのがリクルーターの存在です。不安や困りごとに親身になって応えてくれるだけでなく、「そんなことまで気に掛けてくれるの?」と思うような細かなことにまで気を配ってもらい、当社社員の人柄の良さを感じました。今では私もリクルーターとして、就活生の皆さんをサポートしています。

求められるのは、0.01mm単位の精度

当社が手掛けている“自動機”とは、工場などの生産現場で使われる機械。これまで人が行なっていた作業を、効率化・量産化するためのものです。私は製造部の組立グループに所属し、自社製品の「クリームハンダ印刷機」や「カット・フォーミング機」の組立・調整を担当しています。どちらもお客さまの大切な製品をつくるための機械で、調整には0.01ミリ単位の精度が求められます。仕事を通して感じるのは、ものづくりには情熱と同時に、時には冷静さも必要だということ。先輩方のように、その時々で的確な判断ができるように経験を積んでいきたいです。

「メーカーの右腕」として、最先端のものづくりに貢献

私たちがつくった自動機の多くは、お客さまの工場で活躍しています。以前、納品した自動機のメンテナンスに同行したことがありました。自分が組立を担当した機械が実際の現場で動いているのを初めて目にしたので、感動しましたね。さらにお客さまの疑問にすぐに対応している先輩の姿も頼もしく、「メーカーの右腕」としてお客さまに必要とされているのだと実感しました。当社の自動機は、最先端技術が詰まった製品の製造に採用されることも多いので、誇りに思います。

オフの過ごし方

先輩に誘われオートバイの免許を取得。夏には甲府へほうとうを食べに行きました。来年は美ヶ原や大町、白馬にも出掛けたいですね。県内にはツーリングにぴったりな場所があるので、楽しみが広がります。さらに地元の友人と気軽に会えるのもUターンしたからこそ。先日は中学の同級生と登山に行ってきました。

学生へのメッセージ

少しでも興味があれば、実際に来て・見て・話すことが大切です。誰かの意見に流されてチャンスを逃すのはもったいないですよ!

天竜精機株式会社 のココがPOINT

  • 創業60年。ものづくり企業を支える自動化技術力!
  • 5G、IoT時代に即した薄膜伝送路の新商材開発!
  • 男女問わず、文理問わず、ものづくり企業で世界へ!
  • わが社のキラリポイント
  • シェアNO.1
  • グローバル展開
  • 制度・福利厚生
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州