シューカツNAGANO応援隊

笑顔のおもてなしで、滞在をすてきな思い出に

  • 津城ゆかり
  • 株式会社ホテル花月
  • 宿泊部
  • 上伊那郡飯島町出身。松商短期大学卒業。「信州にいらっしゃる人をもてなしたい」と入社を決意。どんな時でも笑顔でいることを心掛けています!
  • 宿泊部に所属し、フロントをメインに担当。チェックイン・チェックアウト業務や問い合わせ対応も行います。心掛けているのは、笑顔のおもてなしです。

ようこそ松本へ。語学を生かしておもてなし

短大ではパソコンスキルやマーケティングなど多彩な分野を学びました。そんな中、私が特に興味をもったのが語学です。私はペルーにルーツがあり、もともとスペイン語が得意だったこともありますが、英語・韓国語・中国語など多くの言語を学ぶうちに、多様な人と触れ合ったり、コミュニケーションを取ったりできる“言葉”に魅力を感じるようになりました。松本はインバウンドに力を入れているので、街中で海外からのお客さまを見かける機会も多くあります。語学力を生かして、松本を訪れる人をもてなす仕事がしたいと思い、ホテル業・観光業への就職を目指して就職活動をスタートさせました。 当ホテルとの出会いは、学内で開催された就職セミナー。松本の日常をお客さまに感じてもらうというコンセプトや、雰囲気のある松本民芸家具が館内のいたるところにあること、温かなホスピタリティに魅力を感じ「ここで働いてみたい」と心が動きました。さらに充実した研修制度も、入社の決め手となりました。入社直後の新人研修も手厚く、ホスピタリティーやマナー、ビジネスについてゼロから深く学べると知り、理想的な環境だと感じました。

お客さまの松本滞在が「いい思い出」となるように

私が担当しているのは、フロントでのチェックイン・チェックアウト業務や問い合わせ対応。お客さまと直接コミュニケーションを取る機会が多いので、常に笑顔で接することを心掛けています。以前、「予約がうまくいかなくて…」と電話をくださったお客さまがいました。数ヶ月後、チェックイン時に私のことを覚えてくださっていて、「津城さん、あのときはありがとう!」と声をかけてくれたんです。その笑顔と名前を呼んでいただいたことがうれしくて、「この仕事をしていて良かった。」と思いました。お客さまの滞在が“よい思い出”として残ってくれることを目指して、おもてなしができたらと思います。 入社当初は、ホスピタリティが求められるホテル業に不安もありましたが、当ホテルにはお互いに助け合う雰囲気があるため、困った時はすぐに相談ができる環境です。外国籍のスタッフも多いので「こんな時は、こう言ったらいいよ」と語学レッスンが始まることも(笑)。さらに上質なおもてなしを身に付けて、お客さまに松本を好きになって帰っていただきたいですね。

オフの過ごし方

松本山雅FCの大ファンなので試合をよく観戦しています。何と言ってもサポーターの一体感がすごいんです!アウェー戦でも都合があえば県外まで見に行くことも。ますます松本のことが好きになりますね。

学生へのメッセージ

就活のやり方や期間は人それぞれ。友人と比べて焦ったり、不安な気持ちになったりするかもしれませんが、自分に合った企業と出会えるはずです。自分らしく頑張ってください!

株式会社ホテル花月のココがPOINT

  • コンセプトは「民藝フィロソフィ 松本の日常の記憶」
  • 松本民芸家具が出迎える、素朴で温かみのあるホテル
  • レストランでは「ながのテロワール」が味わえるお料理を提供
  • わが社のキラリポイント
  • 地域に貢献
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州