企業情報
トップページ > 企業情報 > 株式会社 シュタール

株式会社 シュタール

  • メーカー/素材
  • 諏訪市大字豊田123-5
  • 若手・女性活躍中
  • 若手・女性活躍中

「変わる会社、変える勇気」
 創業21年目の若い企業。働く人が変われば、企業も変わります。当社の成長エンジンの仲間として活躍する人材を募集します。

地元諏訪地域を拠点に、県下中南信や山梨県を主たる営業エリアとしてカバーしています。お届けする商品は金属材料。お客様の要望する鋼種と寸法で、必要な時に必要な数量を自社便を使って配達します。遠距離のお客様には宅配便を使いますが、基本的には受注したら翌日にお届けまたは発送を旨としています。県内のものづくりの観点からすれば、サプライチェーンの上流にいて「動脈」の役割を果たしています。

事業内容 たとえば産業機器を市場に投入しようと設計を終えた時、最初にしなければならないのが材料手配です。鋼材を問屋に発注したらどうなるでしょう?トラックの荷台に積まれて届きます。荷卸しから始まって、鋼材を適当な長さに切断、材料の表面を削って図面要求の精度に仕立るといった加工が待っています。当然、それらの設備とオペレータを用意して待っていなければなりません。
材料手配の仕事を当社が一手に引き受けます。豊富な鋼種な種類と在庫、鋼種に合わせた生産設備とオペレータを用意しています。材料を受注したら、その仕様を当社データベース(生産管理システム)に打ち込みます。車内設備の多くはNC化されておりますので、このデータを出荷するまで社内で使いまわすことで、データ入力の手間と入力ミスを防ぎます。
ご注文いただいたらタイムリーに金属材料を届けるのが当社の仕事です。お客様の加工の手間を少しでも減らすこと、材料在庫を持たなくとも不安を感じさせないこと、そうすることによって県内のものづくりが元気になるよう、陰で支えているという自負があります。
主たる技術は、切断、フライス加工(切削)、研磨、面取りといったところです。最新鋭の機械設備を揃え、お客様のニーズに応えられるよう日々精進しています。
設立 1998年6月1日
代表者名 林 直也
従業員数    80名(男:   55名、女:   25名)
平均年齢    36歳
所在地 諏訪市大字豊田123-5
資本金 1,200万円
売上高 14億円
企業公式サイト http://www.stahl-ltd.co.jp/
関連サイト http://www.tsr-net.co.jp/service/product/tsr_alevel/detail/index.html?id=1862&industry_type_id=,7&is_recruit=&searchKeyword=&limit=20&prefecture_id=20,20 (インターネット エラベル) https://www.work-suwa.jp/kigyo/?id=0286 (諏訪地域 就職企業ガイド)
問い合わせ先 採用担当
0266-57-7455
application@stahl-ltd.co.jp

キラリと光るアピールポイント

  • 若手・女性活躍中

    第2工場は、機械オペレータのほぼ全員が女性です。アルミのように金属としては軽量で、かつ柔らかい材料は女性向きと言えるでしょう。しかし鉄やステンレスの加工でも、女性が男性に交じって機械のオペレートに入っています。フライス盤はNC化され、加工条件をバーコード読み込み方式にする等、初心者でも扱いやすい機械設備を導入しています。

  • シェアNO.1・特化した技術

    金属材料をフライス加工して提供する業務においては、諏訪地域№1の地位を得ています。これからも地元企業、県内企業のものづくりに貢献できる営業活動を展開してまいります。

わが社の自慢

変わる勇気、変える勇気の原点は改善活動

今年も新卒者を迎え、机上での研修を終えて現場実習に入っています。
研修の最終日に、就職を機会に感じたこと、考えていることを作文にし、発表してもらいました。就職は人生の中で大きな転換点の1つとなります。その転換点をうまく生かし、学生時代にやれていなかったことや新たに始めたいことなどが発表されました。またこれまで育ててくれた親への感謝の気持ちを表現した新卒者もいらっしゃいました。
過去の自分と決別しようと決意しても、なかなか人間は変われるものではありません。今までの延長線上で、惰性で生きていきたいという気持ちも芽生えるかも知れません。そんな時、会社で進めている改善活動の考え方が役立つかも知れません。
昨日までと同じ仕事をしていて叱られるわけではありません。でも、こうしたらもっと良くなるというアイディアが生まれたたら、職場の皆に相談してみる。賛同が得られたらやってみる。結果が良ければ、それを標準にする。このような自主的な活動を当社ではサポートしています。
自分のキャリアの積み重ね方は、日々の生活にもつながっています。変わろうとする勇気を仲間との改善活動の中からもらえるチャンスがあります。

こんな仕事をします!

  • 法人向け営業

    当社には現在、約450社近くの顧客があります。その会社規模は、大企業から中小企業、零細企業まで様々です。飛び込み営業というよりは、口コミでお客様が広がって来ました。標準的な仕様であれば、営業アシスタントを付けますので、その者が処置できます。標準的でない仕様の注文に対して、受注の可否を社内で相談して回答していただきます。この繰り返しが、「特殊仕様」が「標準仕様」に変える原動力になります。
    また当社の技術力が上がれば、それまで加工できなかった仕様の製品も可能となります。どのようなところに需要があるのかを自らの目と耳で確認していただき、将来の設備投資の方向付けとなるような情報を社内の取り込んでいただくことを期待します。こちらは、既存顧客と新規顧客が対象となります。

  • 貿易事務、国際事務

    当社フィリピン工場に工具、消耗品、備品や金属材料等を輸出する業務があります。輸出入に関する業務を担当していただき、将来的には日本国内だけではなく、国際市場で流通している鋼材の買い付けを視野に入れた活動をお願いしたいと考えています。買い付けた鋼材は、当社または当社フィリピン工場に納入します。

  • 品質管理、生産技術

    品質管理の業務はまだ組織として未分化でありますが、将来は独立した組織として機能させたいと考えております。品質向上はもとより、合理的な生産体制とか加工条件の最適化といったテーマを現在考えています。
    生産技術も未分化の業務であります。社内でたくさんの製造設備(切断機、縦型フライス盤、横型フライス盤、面取り機、その他)が動いています。これらの機械が本来あるべき精度が維持できるよう、メンテに関する標準化を進めていただきます。また改造(当社で行うものとメーカーに依頼するものの両方がある)についても社内のアイディアの取りまとめをお願いしたいと考えます。

シュタールでの仕事の、大きな流れを理解

会社説明・見学 就業体験

模擬の注文書をもとに、受注契約、生産管理システムへの登録、切断・フライス加工、面取り・検査といった流れを体験していただきます。

開催日程:2018年11月~2019年2月の間で1日間を2回

内容

アルミの材料を受注したと仮定し、生産管理システムに登録し、そのデータを使ってフライス加工を中心とした就業体験を受けていただきます。

身に付くスキル

NC機械の操作原理

募集要項

開催日程 2018年11月~2019年2月の間で1日間を2回
開催場所 当社
募集人数 2名
応募資格、条件 生産管理システムに興味がある方を歓迎、機械好きな方も楽しめると思います。
応募期間 随時
応募の流れ
  1. 弊社ホームページのエントリーシートに「インターンシップ希望」と入力して発信
  2. 弊社より電話にてご連絡
  3. 日程等、詳細を決定
  4. インターンシップ実施
報酬、交通費、宿泊補助の有無 交通費を補助します。
注意事項 午前10時から昼食をはさみ、午後4時頃の終了を予定しています。
インターンシップ申込先 採用担当
TEL 0266-57-7455
application@stahl-ltd.co.jp
シュタール ホームページ(採用情報)
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州