企業情報
トップページ > 企業情報 > コトヒラ工業株式会社

コトヒラ工業株式会社

  • メーカー/機械・精密機器・輸送機器
  • 長野県東御市滋野乙1320
  • シェアNO.1・特化した技術
  • シェアNO.1・特化した技術

Creative,KOTOHIRA.

コトヒラ工業は、卓越した技術力と最新鋭の設備をベースに
設計・開発から製造・生産まで一貫した製品開発体制でお客様の夢をカタチにする会社です

事業内容 自然環境に恵まれた信州・浅間高原の山裾を拠点に、伝統の中で培ってきた複合技術力をもとに、住宅・情報・システム・環境の多岐にわたるフィールドでコトヒラ工業はそのテクノロジーの可能性を追求しています。
コトヒラ工業の製品領域は広く、全国トップランクの生産量を誇るユニットバスルームパネルをはじめ、県内有数の大型加工設備による大型製缶加工、高い信頼を得ている情報関連機器の筐体を得意とするOEM製品、バイオテクノロジー技術による環境関連機器など、製造・生産技術、開発・設計、システム開発などの複合技術力を生かした製品群が生み出されています。
完全自動化されたパネル加工ラインや無人搬送システム、自動倉庫まで高度に自動省力化されたハイテク工場は、その大半が自社開発によるもので、FA・OAシステムから生産管理などのシステム設計も独自に社内で開発されています。
コトヒラ工業の卓越した開発設計技術とその調和の上に勧める「製品の企画、基礎研究、設計、検証、生産技術、量産」の一貫した製品開発体制は、お客様より高い評価を得ています。
設立 1945年2月
代表者名 手塚 久仁彦
従業員数 315名(男:269名、女:46名)
平均年齢 37歳
所在地 長野県東御市滋野乙1320
資本金 4000万円
売上高 116億円(2017年11月期)
問い合わせ先 管理部総務人事課
0268-63-0001
recruit@kotohira.co.jp

キラリと光るアピールポイント

  • シェアNO.1・特化した技術

    コトヒラ工業が生産するユニットバスパネルは全国トップランクのシェアを誇ります。完全自動化されたパネル加工ラインや無人搬送システム、自動倉庫まで高度に省力化されたハイテク工場は、その大半が自社開発によるもので、他社には追随できない多品種&超短納期生産を実現しています。

  • 地域に貢献

    豊かな自然に囲まれた東御市に社屋を構え、開発・生産を日々続けていけるのは、地域の皆様のご理解・ご協力を頂いているからであると考えています。従業員が地域への感謝の気持ちを込めて周辺のゴミ拾いを定期的に実施しています。また地域行事へも積極的に参加し、市民の皆様との交流やふれあいを大切にしています。
    企業としては青少年の育成等を目的に、「コトヒラ杯スポーツ少年野球大会、コトヒラ杯小学生・中学生バレーボール大会、コトヒラ杯東御ソフトテニス大会・コトヒラ杯東信ジュニアスキー大会やコトヒラ杯囲碁大会などのコトヒラ工業冠大会を開催・運営をしています。

こんな仕事をします!

  • 技術開発

    市場ニーズが高く将来性の見込める新しい製品・技術の企画開発を行います。営業課と連係した市場調査や、3DCAD/CAE・各種計測器を駆使した試作評価が主な業務 となります。
    良い製品、優れた技術を生み出すためには、新しいことへの好奇心のみでなく、世の中の動きを捉える正しい目や最後までやり遂げる強い意志が求められますが、自分で見つけた種が製品になり、それがお客様に認められて売上に繋がることは、何物にも代え難い喜びとなります。

  • 営業職

    当社の営業は大きく2つの内容に分かれます。
    まず「受託営業」は、日本を代表するメーカー様を相手に商談を行い、製品の部分的な金属加工や組み立ての仕事を取って来る営業です。近年は液晶パネルの製造装置や自動車の製造ラインの架台・フレームとして使用される「大型製缶加工」と呼ばれる大きな金属加工の仕事が主流となり、製品サイズ・売上規模ともにスケールの大きいビジネスを展開できます。
    一方の「自社製品営業」は、Kotohiraブランドの自社開発製品を販売する営業です。ただ製品をPRすることに留まらず、製品の開発提案・マーケティングや販売代理店の開拓、展示会の出店企画など幅広い業務がありやりがいのある仕事です。
    あなたの提案した製品がカタチになり、売れて行く醍醐味はなかなか他の会社では味わえません!

  • システムエンジニア

    工場内の設備は単独で動くのではなく、それぞれが連携して最大限の効率を発揮することが求められます。これらを繋いで有機的なネットワークを構築するのがSEの役割です。
    組み上げたプログラムが想定通りに動いた時。自分で構築したシステムが実際に製造工程で動いているのを見た時。他部署から「ありがとう!」と感謝の言葉を貰った時。基幹システムひとつで会社全体を大きな生命体のように自在に躍動させる、それがSEという仕事の面白さです。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州