企業情報
トップページ > 企業情報 > 辰野町役場

辰野町役場

  • 官公庁・公社・団体
  • 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
  • 地域に貢献

職場は日本のど真ん中!
ホタルがたくさんいて、水がきれいで、米も野菜も果物もおいしい!
そんな辰野町で一緒に働きませんか?

辰野町役場には様々な職場、職種があります。どれも住民の生活に欠かせない仕事です。
様々な仕事を経験しながら自分も辰野町も成長させることができる、やりがいのある職場です。

事業内容 辰野町役場において事務等を行う一般行政職の他に、町内保育園に勤務する保育士、町立辰野病院に勤務する医療職があります。
設立 昭和36年
代表者名 辰野町長 武居保男
従業員数 340名(男:140名、女:200名)
所在地 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
問い合わせ先 総務課職員係
0266-41-1111
syokuin@town.tatsuno.lg.jp

キラリと光るアピールポイント

  • 地域に貢献

    公務員の仕事は、住民の生活に密着したものばかりです。地域の方に一番近い存在でいられるのが、地方公務員です。

わが社の自慢

職場は日本のど真ん中!

辰野町は、あの人気キャラクターが認めた「日本の中心のなかの中心地」です。ただ今、「ど真ん中プライド」を合言葉に、行政にとどまらず、小学生や住民を巻き込んだプロジェクトを展開中!ゆるキャラや、おいしいど真ん中メニューも誕生しています。
これからの展開に大注目です!

こんな仕事をします!

  • 一般行政職

    一般行政職は、デスクワークの他に観光事業や環境整備事業等の屋外で行う事業もあります。どの仕事も住民の生活に欠かせないもので、窓口や電話応対のスキルも求められます。様々な職種を経験し、将来的には係長、課長補佐、課長へ昇任していきます。

  • 保育士

    町内の保育園で子どもたちが健やかに成長するお手伝いをします。日々の保育業務の他、生活発表会や運動会等のために子どもたちの衣装や小物を作成したり、保護者宛に「おたより」を作成したりする業務もあります。子どもたちと一緒に歌うこともあるので、ピアノを弾くスキルも求められます。将来的には主任保育士、園長へ昇任していきます。

  • 看護師

    町立辰野病院で地域に密着して医療を提供します。外科や内科の日勤の他、入院患者を見守るため、夜勤や早出などもあります。医師の見解をわかりやすく患者さんに伝える他、少しでも穏やかに過ごせるような心遣いも必要です。将来的には、主任看護師、看護師長、総看護師長へと昇任していきます。

〇年後にはこうなっている?!

  • 5

    人口は減少していき、高齢化は進んでいきます。
    医療・介護の人材不足が大きな課題となり、住まいが近い範囲でお互いに支えていく近所付き合いが注目されていきます。
     また、こどもたちには町で行っている観光などの事業について参加したり、学べる機会を増やしたりしていきます。

  • 10

    日本全体の人口が減少していく中で、都心部では高齢者の行き場が不足して、地方での住まい探しがブームになり、町の観光事業としている蛍や自然などが注目を集めて、移住者が増えていきます。
     一方で、若い世代は都心部へ流れ、人材不足はなかなか解消できずに地域での支えあいが発達していきます。

  • 15

    移住者などにより人口は維持していきますが、高齢者の割合が高く先行きが不安になります。
    しかし、都心部へ流れた若い世代がこどもの頃に触れた町の事業を思い出して町へ戻ってくるようになります。
    若い世代が増えて、地域での支えあいも発達し、高齢者をはじめとした住民全体が寂しい思いをしない安定した町へとなっていくでしょう。

シューカツ生へのMESSAGE

  • 辰野町で自分と町と住民のために働いていく (一般行政職・20代・男性)

    私は辰野町が出身ではありません。でも辰野町で働いていることには喜びとプライドを持っています。
    喜びは地元ではない私に辰野町の人、役場の人が優しく受け入れてもらえたことです。役場の仕事は地元の人と関わること、役場内での係や課を越えた連携が多いのでとても助かっています。
    プライドは辰野町に住み、辰野町のために働いていることです。周りの人から「辰野町っていいな」ともっと言われるように日々仕事に取り組んでいます。
    私はよく役場内で笑っています。それは楽しいというのもありますが困ったときに助けてくれる同僚、豊富な知識で多くを教えてもらえたり、学ばせてもらえる上司がいるからです。
     これを見ているそこのあなた辰野町で私たちと一緒に楽しいことから大変なことまで全部を全力で取り組んでみませんか?

  • 身近な方の「ありがとう」が伝わる職場 (一般行政職・20代・女性)

    「あなたが窓口にいてくれて、役場に行きやすくなった」私が、役場で働き始めて友人に言われてとてもうれしかった言葉です。役場は、町民の方にとって「面倒くさい手続き」に行く場所で、あまり行きたくない場所ないかも知れません。手続きも部署ごとに分かれていて、何度も説明を求められることもありますし、1回で手続きが終わらず何回も役場にお越しいただかなくてはいけないこともあります。そのような場所でも、「知り合いがいるから心強い、ありがとう」と言ってもらえて、私の方が感謝したいくらいうれしくなりました。
    また、辰野町では人口減少対策の一環で若手職員の意見を反映させたプロジェクトがあります。担当部署の垣根を越えて同世代の職員と一緒に活動し、自分たちの考えたものが形となるのはとてもうれしく思います。私は、中学生と一緒に「こども広報」を作るプロジェクトに参加していますが、活動に参加してくれた中学生の将来の姿がいまから楽しみです。
    辰野町はあまり大きな町ではありません。だからこそ、身近な方からの感謝の気持ちや、輝く姿を直接感じることができる職場だと思います。

  • 町外出身者でも安心して働けます (一般行政職・20代・男性)

    辰野町役場は人との繋がりを実感できます。役場で働いて5年になりますが、たくさんの方々と接してきました。
    その中でもよく接するといえばやはり職場です。私は町外出身ですが、職場内の雰囲気はすごく良く楽しいです。困ったことがあれば何でも相談し、助け合いができていると感じます。
    また、住民の方も私のことをあだ名等で呼んでくれて親しみやすく温かみを感じることが多くありました。
    近年の職員は町外出身が多いですが、それでも安心して働けて楽しい職場だと思います。

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州