応援ツール
トップページ > お役立ち情報 > NAGANOインターンシップ補助金

NAGANOインターンシップ補助金

NAGANOインターンシップ補助金

U・Iターン就職のハードルの一つは、就活に掛かるお金。特に交通費は大きなハードルになっています。

  • 長野県での就職を考えてインターンシップに参加したいが、交通費が心配
  • 気になるインターンシップがあるが、気軽に行き来はできない
  • インターンシップに参加したい企業がいくつかあるが、費用面で複数は難しい …などなど

長野県は、U・Iターン就職を検討している学生が、県内のインターンシップに参加する際にかかる交通費・宿泊費を補助します!

NAGANOインターンシップ補助金

例えば…
・東京に住居があるAさんが、実家がある長野市の企業のインターンシップに参加して、実家に泊まった場合
→往復の新幹線費用
・名古屋に住居があるBさんが、諏訪市の企業のインターンシップに参加し、駅周辺のビジネスホテルに泊まった場合
→往復の特急乗車料金+宿泊費(上限5,000円)

そもそも…インターンシップはやったほうがいいの?

「マイナビ 2022年卒大学生 インターンシップ・就職活動準備実態調査(10月)」によると、2022年卒のインターンシップ参加率は79.8%で、平均参加者数は4.5社となっています。参加率は前年より減少しましたが、これはコロナ禍で中止や延期になった影響がありそうです。

県では令和2年度と令和3年度にNAGANOインターンシップ補助金を活用して県内企業のインターンシップに参加した学生にアンケートを実施しました。学生の皆さんの声を業種別に紹介します。

学生の声

金融・保険・証券

  • 札勘や伝票精査、融資提案など実際の業務を知ることができる体験や、昼食会や若手職員のパネルディスカッションなど職員の皆様の声を聞く機会が十分に設けられており、この企業で働くことのイメージを掴むことができた。
  • 実際の業務に近い体験をさせていただいたことで、金融業界の実際のお仕事や、そこで自分がどのように働くのかイメージできた。
  • 働くことについてより深く考えることができ、その上で長野という地元の良さも改めて感じることができた。
  • 長野県の多くの企業の経営を支えているので、県内のさまざまな企業と関わることができるのが面白そうだと思った。

IT・通信

  • 対面で参加できた効果が大きかった。実際にオフィス等を見学でき、人事担当の方との距離も近かったため職場の雰囲気をよく知ることができた
  • 対面開催ということで実際の開発業務に近い形で業務を体験することができた。
  • 事業内容、取引先、今後の展望などを聞き、長野県においても首都圏に引けを取らない働き方が実現できることが分かった。
  • システム開発の仕事は地道で正確な作業やお客様とのコミュニケーションが大切であるため、仕事が成功したときのやりがいや達成感を充分に感じられそうだと思った。

メーカー

  • 従業員の方がとても親しみやすく、働きやすい環境であると感じた。
  • 身の回りにある電源を実際に作っている企業を通して、身近な物に使われている技術に関しての知識と、技術で生きていくという感触を得られた。

サービス/宿泊・飲食・観光

  • 長野のさまざまな観光地を訪れ、将来の就職は長野でも良いと感じた。
  • 志賀高原でのスキー、秋山郷、諏訪湖、諏訪大社、松本城、地獄谷野猿公苑に行って、郷土料理もたくさん食べて、長野で就職したい気持ちがさらに深くなった。
  • 説明会やweb上の情報だけでは分からなかったことが、実際にインターンシップに参加したことでより深い理解に繋がった。

サービス/医療・福祉

  • 合同説明会やオンライン上では分からない空気感であったり、実際に働いている方がどんな方なのかを自分の目で見たりすることができた。また、実際の業務の様子を間近で見学することができ、入職後のイメージがしやすかった。

コロナ禍によりオンラインでのインターンシップも増えていますが、「職場の雰囲気を知ることができた」「自分が働くイメージを持てた」など、リアルのインターンシップならではのメリットもたくさんありそうです。

県内企業のインターンシップ情報をチェック!

シューカツNAGANOで、インターンシップを実施している県内企業をチェックできます。

  • トップページや「企業情報」ページにある検索枠を利用します
  • インターンシップ情報を「あり」にすると、インターンシップを募集している企業を検索できます
  • 「職場いきいきアドバンスカンパニー認証企業」の検索もできます(補助金の上限が40,000円になります!)

NAGANOインターンシップ補助金の申請と受領の手順

NAGANOインターンシップ補助金の申請は、電子申請と申請書類の郵送による2段階です。大まかな流れは以下の通りです。

  1. 1. シューカツNAGANOメールマガジンに登録シューカツNAGANOメールマガジンに登録します。
    ※登録済みの方は2へ
  2. 2. インターンシップに参加補助金の対象となるインターンシップが決められていたり、申請の際に必要な書類があったりするので、事前に確認しましょう。
    対象となるインターンシップはこちら
    必要な書類はこちら
  3. 3. 電子申請「ながの電子申請サービス」で事前申請を行います。
    申請は、シューカツNAGANOメールマガジンで登録したメールアドレスで行ってください。
  4. 4. 必要な書類を郵送必要な書類を確認して、郵送します。
    【郵送先】
    〒380-8570長野県長野市南長野幅下692-2 長野県庁 産業労働部 労働雇用課
  5. 県で審査を行います。
  6. 5. 交付決定交付が決定すると、金額の確定通知が郵送で届きます。
  7. 6. 振込み指定口座へ確定通知した金額が振り込まれます。

対象となるインターンシップ

以下の要件をすべて満たすインターンシップが対象です。実施前に、実施先の企業等に対して以下の要件に該当するか確認することをお勧めします。

  1. 受入企業が次の要件を満たしていること
    ・資本金又は出資金の総額が30億円未満で、常時雇用する従業員が1,000人未満であること
    ・県内に事業所等(本店、支店、営業所、工場等)があること
  2. 県内の事業所等(国及び地方公共団体を除く)で行われるものであること
  3. 実働1日以上であること
    ※実働が1日の場合=実働6時間以上(休憩時間を含む)
     実働が2日以上の場合=1日あたり実働4時間以上(休憩時間を含む)
  4. 実施期間が属する年度の2月末日までに終了すること
  5. 受け入れ事業者の広報活動、受入れ事業所等での就業体験以外の活動のみのプログラムでないこと
  6. 採用選考活動とは一切関係ないことを明確にし、就業体験の提供を目的としたものであること
  7. 労働関係法令を遵守して行われるものであること

申請のための必要書類

NAGANOインターンシップ補助金の申請手続きで必要となる書類には、以下のようなものがあります。

  1. NAGANOインターンシップ補助金交付申請書(兼実績報告書)
  2. 大学生等であることを証する書類(学生証の写しなど)
  3. 交通費及び宿泊費を支払ったことを証明できる書類など(領収書の場合は必ずあて名に支払者名(申請者名)、ただし書に使途(交通費として、宿泊費として、など)が記載されているもの(原本)を提出してください。)
  4. インターンシップ参加証明書(インターンシップ参加時等に、インターンシップ受入事業所に記入依頼を行ってください。)
  5. インターンシップの詳細がわかる書類(インターンシップの案内通知や日程表等)

【申請様式】

NAGANOインターンシップ補助金を申請する際の注意点

NAGANOインターンシップ補助金の申請における注意点として、添付書類のミスが挙げられます。特に交通費及び宿泊費を支払ったことを証明できる書類(領収書など)を貰い忘れたり、紛失したりする学生さんが多いようなので、気を付けるようにしましょう。

掲載している情報は2021(令和3)年7月時点のものとなります。制度が変更となる場合もあるので、最新の制度や申請方法などの詳しい情報は、県公式ホームページをご確認ください。

大学近隣等の現在の居住地から実家を経由して、インターンシップ実施事業所に向かう場合、そのすべての交通費が補助対象として認められる場合もあります。
実家の帰省に併せてインターンシップに参加する予定の学生の皆さんも、NAGANOインターンシップ補助金を上手に活用してみてはいかがでしょうか。

お役立ち情報一覧

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州