企業情報
トップページ > 企業情報 > 株式会社白馬ハイランドホテル

株式会社白馬ハイランドホテル

  • サービス/宿泊・飲食・観光
  • 白馬村北城21582
  • 地域に貢献
  • 地域に貢献
  • 地域に貢献

「自分の家族や大切な人にならきっとこんな心配りをするだろう。」その想いを原点に、お客様の笑顔のため常により良い「おもてなし」を考え続けています。

白馬。
ここは北アルプスが目の前にそびえる地。日本のスイスとも呼ばれる四季の移ろいを感じられる街。
白馬というと冬のスキーのイメージが強いかもしれません。確かに世界的なスポーツイベントの舞台にもなり、数々の映画のロケ地にもなっています。
日本屈指のスキー場を抱え、大勢の方が訪れる場所です。
今、白馬村はオールシーズンの国際リゾートを目指し、村が一つとなって街づくりを行っています。

そんな白馬村に来てくださったのだから、何かできることはないだろうか……。
地域の魅力を発信しながら、来てくださったお客様に白馬のことを好きになっていただけたら、いいなと考え、お客様との距離をほんの少し近い位置にとり、スタッフの行動指針としても挙げている、「お客様の心によりそう」を実践しようと、いろいろなことに挑戦しています。
(2014年2月、旅行新聞社主催で行なわれた「第11回もてなしの達人」にホテルスタッフが選ばれました。)

ホテルには温泉療養指導士の資格取得者(仕事をする中で資格取得しました)が複数名おり、お客様へ入浴のアドバイスをしたり、周辺の見どころを紹介するスライド上映会を開催したり、お客様とハイキングや写真撮影会に出かけたりするなど、手作りですが、できることを実践しています。
また、冬の期間には海外からのお客様も大勢いらしていただいており、この方たちに二度目三度目をいかにして来ていただくか、その魅力づくりや魅力発信にも取り組んでいます。

施設面でも2016年10月に二カ所目の大浴場となる「わらび平の湯」をオープンしました。白馬村にたくさんのお客様に来ていただき、老若男女を問わず、気軽に利用できる宿泊施設、温泉施設として成長していくことで、地域の活性化に寄与していきたいと思っています。

事業内容 ホテル・サービス業
設立 2007年6月
代表者名 掛谷 嘉則
従業員数 40名(男:20名、女:20名)
平均年齢 40歳(男:40歳、女:40歳)
所在地 白馬村北城21582
資本金 1000万円
売上高 5億1千万円
企業公式サイト http://www.hakuba-highland.net
問い合わせ先 採用担当
0261-72-3450
yoshikawa@hakuba-highland.net

キラリと光るアピールポイント

  • 地域に貢献

    白馬はウィンタースポーツの聖地。
    冬には世界中から多くのお客様がいらっしゃいます。
    でも夏は???
    当ホテルでは、冬だけではなく、春も夏も秋も一年を通して白馬の魅力を発信し続けています。
    春の新緑が田んぼに映る水鏡の北アルプス、
    夏は残雪残る北アルプスのトレッキング、
    秋は三段紅葉の北アルプスなど。

    それだけではなく、
    地元の食材を積極的に使用し、それを旬の時期に食べていただくお料理、
    さらには地元農家と契約し、ここでしか食べられない食材を生かしています。

    今では、冬よりも春〜秋にかけてのお客様が多くなり、
    何回も足繁く来ていただけるお客様に支えていただいております。
    白馬再訪のお客様の宿泊は50%以上を超えました。


  • 社内制度や福利厚生がユニーク

    スタッフの好きや得意を生かすのが白馬ハイランドホテルの特徴。

    スタッフが講師になり、スタッフが生徒になり、
    社内研修を開催します。

    花が好き、山に詳しい、歴史、自然、文化、料理などなど。
    得意なことをアウトプットし、
    興味があることをインプットする。

    仕事以外のお互いのことを知り、スタッフ間の距離が縮まるのと同時に、
    お客様と話せる知識も身につく社内勉強会を開催しています。

  • 社内制度や福利厚生がユニーク

    サービス業は休日が取りづらく、残業も多いイメージがありませんか?

    当社では週40時間労働、有給取得を積極的に奨励しています。
    サービス業のスタッフは、外で新しい刺激、発見をたくさん吸収してこそ、
    お客様にも楽しんでいただける「エンタテイナー」になれると考えております。

わが社の自慢

白馬ハイランドホテルが大切にしていること!

リゾートへの旅行は「楽しさ」や「癒し」を求めにいらっしゃいます。
その旅行で最も多くの時間をホテルで過ごされます。
ホテルでの時間がご旅行の満足を左右すると私たちは考えます。

そこで過ごした時間が素敵な思い出になりますように。
そこで出会った人たちが素敵な縁になりますように。
旅を彩るサポートをすることが、私たちスタッフの役割です。
そして、美しい北アルプスの景色をお客様と共感できたら…
それが私たちスタッフのいちばんのやりがいです。

【白馬ハイランドホテルのウリ】
「北アルプスの特等席」
温泉からレストランからの北アルプスの大パノラマを眺められます。
春は残雪の雪形を、
夏は新緑から深緑の移り変わりを、
秋は白馬の三段紅葉を、
冬は雪山を照らす朝焼けを。
働きながら季節の色を感じることができます。

「こだわりの地消地産の料理」
白馬ハイランドホテルから89.8km(白馬)圏内の食材を、
81%(ハイランド)以上使用しています。
さらに、
きれいな水と栄養豊かな大地と降り注ぐ陽の光で育てられた食材を、
「旬」の時期に食べられることが、最高の贅沢だと考えます。
そこで私たちは地元の農家と提携し、
自社農園で育て収穫したものをレストランの食材として活かし、
皆様に食していただけるように進化しています。

「盛りだくさんのイベント」
スタッフはみんな白馬が大好きです。
だから、いらっしゃった皆様に少しでも共感していただきたい。
そんな思いからスタッフが白馬の魅力を紹介するイベントを開催しています。

自分の「好き」や「得意」を自由に活かせるのが「白馬ハイランドホテル流」、
今までにない「ありえないホテル」を目指しています。

こんな仕事をします!

  • ホテル業務(フロント・レストラン・客室)

    ホテルといっても様々な仕事があります。
    ただ、最初はまずはお客様を知るための仕事。
    フロントやレストラン、客室での業務を通じ、季節ごとにどんなお客様が、何を目的でやってきているのかを見ながら、感じながら覚えていきましょう。
    その間、白馬村に暮らす中で村のこと、お店のこと、山のこと、観光地のことをたくさん知っていき、お客様にスムーズにご案内できるようになっていくわけです。

〇年後にはこうなっている?!

  • 後輩のスタッフへ新人研修の講師など社内研修でフォローアップしながら、
    イベントの開催、引率など主体的な仕事を進める。

  • 4

    各セクションのマネージャーへ。
    従来の仕事の進め方に改善できる箇所なないのか、
    もっとお客様の満足を生み出す方法はないのか、
    もっと生産性を上げてスタッフが残業しない働き方はできないのか、
    もっとお客様にホテルの魅力を伝える手段はないのか

    日々、スタッフを認め、自分に任せられている喜びを感じながら
    昨日とは違う仕事を生み出していく。

  • 10

    支配人へ
    スタッフの得意なスキルはなんなのか?それを生かせる方法はないか?
    施設全体が安心・安全をベースにお客様をつつみこめているか?
    マンネリではなく常に新たなチャレンジ・変化を目指しているのか?
    スタッフのスキル向上のチャンスを生み出しているのか?

    自身の知恵、アイディアが形になり、ダイレクトにお客様の反応がいただけることに
    やりがいを感じながら、長期的な広い視野で全体をコントロールする。

シューカツ生へのMESSAGE

  • 自分の価値観で決める。そして変化することを恐れないこと。それが自分の軸を作っていく。

    <コンセプト>
    私達、白馬ハイランドホテルの経営理念の1番目に掲げられているのが「お客様の心に寄り添うことのできるホテル」というものです。これは、大自然に囲まれたゆったりと流れる時間の中で、お客様が家族や大切な人達と絆や愛情を感じてもらうことのできる空間(心温まるおもてなし)を提供したいとの思いで作り上げたものです。
    ここ数年、ホテル業を含めた観光産業を取り巻く環境は、高齢化社会の進展に伴うシニア層の需要の高まりや外国人観光客の増加など劇的な変化を見せています。このような中でも、日本の風土に根付いた「おもてなし」の心はいつまでも変わらずに受け継がれるべきものであると私達は考えています。

    <新しいサービス・商品づくり>
    白馬ハイランドホテルでは、「地域に共に根ざすホテル」というコンセプトを掲げ、ホテルから89.8(はくば)km圏内で収穫・生産される食材をできるだけ81(ハイ〔ランド〕)%使用することを目標とし、様々なメニュー開発を行ったり、「白馬をもっと好きになってもらおう」というテーマでお客様に参加してもらえるホテル独自のイベント(例:星空観察会、朝のお散歩など)を定期的に実施したりしており、多くのお客様から好評を頂いております。これら新しいサービスや商品づくりの原点は、スタッフ自らが「自分がお客様だったら、どんなサービスが欲しいのだろう?」というところから考え出して、商品化されたものです。

    <スタッフ自身がやりがいを感じられるホテル>
    お客様が満足する「おもてなし」を提供するために、自らが積極的に仕事に参加して成功したり失敗したりして様々な経験を重ねることが、自身の成長に繋がり、仕事へのやる気や喜びに繋がっていくと私達は考えています。そのためにも、現場での経験年数や職掌などに関係なく、自由に意見をフラットに討議することができる環境と雰囲気を作ることを目指しています。

    <これから私達が目指しているもの>
    より多くのお客様に満足していただくため、お客様と笑顔のキャッチボールをするため、常にお客様のニーズを探求し、「おもてなし」の心を忘れずに、固定概念にとらわれない新しいサービスを創り出したい。そのためにはスタッフ自身が伸びやかで幸せと感じるような会社をつくり、それを通じてお客様や地域社会に貢献したいと考えています。

「おもてなし」ってなんだろう?を知る4daysインターンシップ

会社説明・見学 就業体験

フロント、レストラン、客室清掃、温泉など施設運営。
これがホテルを運営する当社の業務です。
これらすべてをまるっと体験でき、
ホテルの全体像を理解できるインターンシップです。

リゾートへの旅行は「楽しさ」や「癒し」を求めにいらっしゃいます。
その旅行で最も多くの時間をホテルで過ごされます。
ホテルでの時間がご旅行の満足を左右すると私たちは考えます。

そこで過ごした時間が素敵な思い出になりますように。
そこで出会った人たちが素敵な縁になりますように。
旅を彩るサポートをすることが、私たちスタッフの役割です。
そして、美しい北アルプスの景色をお客様と共感できたら、、、
それが私たちスタッフのいちばんのやりがいです。

【白馬ハイランドホテルのウリ】
「北アルプスの特等席」
温泉からレストランからの北アルプスの大パノラマを眺められます。
春は残雪の雪形を、
夏は新緑から深緑の移り変わりを、
秋は白馬の三段紅葉を、
冬は雪山を照らす朝焼けを。
働きながら季節の色を感じることができます。

「こだわりの地消地産の料理」
白馬ハイランドホテルから89.8km(白馬)圏内の食材を、
81%(ハイランド)以上使用しています。
さらに、
きれいな水と栄養豊かな大地と降り注ぐ陽の光で育てられた食材を、
「旬」の時期に食べられることが、最高の贅沢だと考えます。
そこで私たちは地元の農家と提携し、
自社農園で育て収穫したものをレストランの食材として活かし、
皆様に食していただけるように進化しています。

「盛りだくさんのイベント」
スタッフはみんな白馬が大好きです。
だから、いらっしゃった皆様に少しでも共感していただきたい。
そんな思いからスタッフが白馬の魅力を紹介するイベントを開催しています。

自分の「好き」や「得意」を自由に活かせるのが「白馬ハイランドホテル流」、
今までにない「ありえないホテル」を目指しています。

最終日に皆さんが考えた「おもてなし」をぜひ提案してください。
また若手社員との座談会も開催いたします。
宿泊は社員も利用している社員寮を1人1部屋お使い頂きます。


あなた色の「おもてなし」。
考えるだけじゃ、伝わらない。
自分が主役となり動いて話して初めて分かる、他では得がたい感動を、
このインターンシップで体験してみませんか。

ご参加をお待ちしております!

開催日程:2018年07月27日〜2019年03月31日

内容

当社の業務全般を体験していただきます。

□1日目
【オリエンテーション】
・HHHが大切にしていること・・・企業理念・ミッション・ビジョンの説明
・第一印象って大切・・・挨拶、笑顔、立ち居振る舞いなどのマナーをレクチャー
・フロントの仕事とは?レストランの仕事とは?
・白馬の魅力を知ろう・・・お客様と会話するための知識を習得
・源泉を見てみよう!・・・お客様の満足を作るスタート地点を見学
・インターンの目標設定
【レストラン】
・夕食バイキング食事体験・・・お客様にお勧めする前に自分が食べてみる。
【フロント】
・夜のイベントに参加・・・どのようにお客様の満足度を高めているのかを体感する。

□2日目
【ルーム】
・ルームメイク体験・・・お客様がホテルで最も長く過ごす客室。
細部にまでお客様への思いが詰まっていることを学ぶ。
【フロント】
・チェックイン対応の準備・・・チェックインの手順などお客様に伝えることを教わる。
・チェックイン対応・・・お客様とホテルとのファーストコンタクト。
オリエンテーションで学んだ接客知識を活用して出迎え。
・売店での販売サポート・・・りんごジュースのセールスポイントを考え、積極的にお客様へPR(目標5本)。
【レストラン】
・夕食バイキング準備・・・お客様対応(ドリンクのオーダー、下げ膳、席の案内)を教わる。
・夕食バイキング接客・・・3人を目標にお客様と会話をしよう。

□3日目
【フロント】
・朝のイベントに同行・・・おもてなしの現場を体感する。
【レストラン】
・朝食バイキング接客・・・りんごパンを積極的にアピールしよう。
【施設】
・お風呂掃除を体験・・・サービス業は5Sが重要!5Sってなに?
【フリータイム】
~白馬の魅力を発見するために街を散策する時間~
【座談会】
・若手社員との座談会・・・入社前と後のギャップ、寮での生活、休日の過ごし方など。

□4日目
【フロント】
・チェックアウト お見送り・・・"お客様へご利用いただいた感謝を込めて、精一杯お見送りをしよう。
【振り返り】
・感想
・目標の達成度
・あなたが感じた白馬の魅力プレゼン
・HHHでやってみたいこと

<おもてなし提案会>
最終日に実施する予定です。
皆さんがインターンシップ期間中に学んだことを生かし、当社にあなた色の「おもてなし」を提案してください!

身に付くスキル

接客

募集要項

開催日程 2018年07月27日〜2019年03月31日
開催場所 白馬ハイランドホテル 内
募集人数 5名
応募資格、条件 全学部全学科、学年不問
・接客サービスやホテル業務全般に興味がある
・海外のお客様への外国語対応をしたい
応募期間 随時
応募の流れ
  1. 弊社サイトからエントリー
  2. 希望日アンケートをメール提出
  3. 弊社から連絡、日程決定
  4. インターンシップ参加
報酬、交通費、宿泊補助の有無 交通費全額支給(4日間参加必須)
寮完備(無料)
期間中食事(昼食・夕食)提供
注意事項 2018年8月~2019年3月末日で4日間のプログラムです。
(ご希望の日程・期間をお伺いします)
インターンシップ申込先 インターンシップ担当
TEL 0261-72-3450
yoshikawa@hakuba-highland.net
スタッフブログもどうぞ!
  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州