企業情報
トップページ > 企業情報 > 株式会社和田正通信サービス

株式会社和田正通信サービス

  • 小売・専門店
  • 長野市稲葉中千田2142
  • 若手・女性活躍中
  • 若手・女性活躍中
  • 若手・女性活躍中

お客様を笑顔にする仕事。
私達も笑顔になれる仕事。
「あなたで良かった」と言ってもらえる喜びを日々感じられる職場です。

お客様から笑顔と感謝の言葉をいただけるこの仕事で、「誰かのお役に立てる喜び」や、「やりがい」を感じませんか?
仲間と共に成長し、支えあいながら、新たなステージであなたの力を輝かせてください。

事業内容 私たちは通信業界で26年の実績を持つ企業です。
現在KDDIの一次代理店として長野県内で15店舗の「auショップ」、そして北信地域にて「UQ スポット」を運営しています。
人としての成長を重視し、多彩な教育プログラムを完備。
お客様に、便利で快適な通信ライフを送っていただくためのサポートを地域密着で行っています。
設立 2004年(親会社株式会社和田正より分社)
代表者名 和田直士
従業員数 210名(男:71名、女:139名)
平均年齢 30.6歳
所在地 長野市稲葉中千田2142
資本金 3000万円
売上高 60億5000万円(2017年3月期)
企業公式サイト http://wadashocom-au.com/
問い合わせ先 総務・人事
026-219-0077
uda@wadashocom.co.jp

キラリと光るアピールポイント

  • 若手・女性活躍中

    当社では県内15店舗のどのショップでも若手が活躍しています。
    もともと女性が多かった環境ですが、近年では男性スタッフも増え、日々お客様のケータイライフのサポートを行っています。
    入社3年目で店長職を任されたり、20代前半でエリアトレーナーを任されるスタッフもいて、皆がイキイキと働いています。

  • 地域に貢献

    携帯電話・スマホは今では生活の中でなくてはならない必需品。複雑化するサービスや機能を、解りやすくお客様へお伝えし、今以上に便利で楽しいケータイライフをお客様に送っていただくことが私たちの使命です。
    そのために必要な勉強は大変なこともありますが、お客様からの「ありがとう」を励みに、お客様も私達も笑顔でいられる毎日を目指しています。

  • 社内制度や福利厚生がユニーク

    当社では「成長シート」を導入し、今スタッフが成長の過程でどの場所にいるかを把握。面談を通して次のステップに向かうにはどうしていけばいいのかを具体的に指導しています。「できる」に最大限の評価をするのではなく、できることをまだできない人に「教える」こと、そして指導した相手が「できる」ようになったことで最大限の評価を行っています。
    個人も大切ですが、チームワークがより大切だと考えています。

わが社の自慢

私たちには「クレド」があります!

クレドとはラテン語で「信条」あるいは「志」という意味。
当社ではビジョンやミッション、店舗毎の使命などを明文化したクレドカードを全社員が携帯しています。
クレドカードでは企業として地域社会の発展に貢献し、お客様ライフサポートを継続していくことをお約束しています。
お客様からの「ありがとう」から始まる笑顔と喜びが、また次のお客様へ繋がり、私たちの元に戻ってくる。スタッフの成長が皆の喜びにつながり、それがお客様へ伝わっていく。私たちはこれからもずっとそのサイクルを継続していくことを確信しています。

こんな仕事をします!

  • auショップフロントスタッフ

    ■au携帯電話・スマートフォン・周辺機器、アクセサリーの販売業務
    ■契約内容見直し、au WALLET・auひかり等の受付、故障対応などの登録・サポート業務
    ■auでんき、au WALLET MARKET商品のご提案・販売業務
    ■在庫管理や店内ディスプレイ作成、イベント立案・実施など店舗運営業務

    お客様のご要望やライフスタイルをお聴きし、au取扱い商品やサービスを使った便利・快適・楽しい生活を一緒に考え、ご提案するお仕事です。

〇年後にはこうなっている?!

  • 1

    【携帯電話販売サービススタッフ】
    あなたはご来店いただいたお客様の利用状況に合わせた料金プラン、サービス内容の見直し、 故障修理の受付け、修理お預かり期間内の代用機の貸出し等もスムーズにできるプロスタッフです。
    初級の資格試験をクリアし、お客様のまだ知らないサービスを魅力的にご提案。
    「そんなことまでできるの? 今日はあなたに接客してもらえて良かったわ」とお客様からの感謝の言葉を頂き、「次もあなた宛に来るわね」と沢山のファンを作るロイヤルスタッフになっているはずです。

  • 3

    【店舗運営責任者(店長・副店長)】
    キャリアと経験を積み、リーダーとして他のスタッフを引っ張っていく、頼もしいリーダーです。
    上手くいかないこともあるけれど、そんなときには問題解決のステップをチームの皆と実行。
    より良いお店作りをしているはずです。
    20代の女性店長、副店長も多数在籍。「店長」、「副店長」こそ、現場の「経営者」です。

  • 6

    【複数店舗運営管理者(エリアリーダー、エリアトレーナー)】
    近隣の3~4店舗の運営・管理を行う、エリアの統括責任者、もしくはエリアの教育担当。
    同じ看板で、同じ商品、同じサービスを提供するキャリアショップですが、立地や店舗規模、主要なお客様の年齢層などで、戦略は大きく異なります。
    スタッフの教育、成長のバックアップも大切な仕事、 マネジメント経験を通じて、自分自身を高めることが出来ます。
    エリアリーダーは、店長や副店長が目標とし、ショップスタッフが、「いつかは私も・・・」とあこがれる存在であらねば、と考えています。

シューカツ生へのMESSAGE

  • 誰かを笑顔にできる仕事にやりがいを感じます (auショップフロントスタッフ・20代・男性)

    僕は基本的に人と話すことが好きです。そのため就職活動では接客業に絞りました。中でもこの業種を選んだのは、携帯・スマートフォンは今や生活に欠かせない身近なものだけに、お客様も関心が高く、近い距離間で接客ができると思いました。
    こんなことがありました。あるお客様を接客していました。そのお客様は携帯ショップに敷居が高いイメージをお持ちでした。一通りご説明申し上げ、帰り際に「あなたと話して、携帯ショップのイメージが変わりました。次もお願いします」と言われました。名前を覚えていただいたうえ、ご指名もいただきうれしかったです。
    いつも誰かを笑顔にする仕事って、素敵だと思います。この仕事ではそんなやりがいを感じる事ができますよ。

  • 元気と明るさを十分に活かせる仕事 (auショップフロントスタッフ・20代・女性)

    学生時代、バスケットボールと接客業のアルバイトで、明るく元気な声を出すことを身に付けました。接客業に就けば、この元気と明るさを十分に生かせるのではないかと思いました。実はそう思わせるきっかけをくれたのはauショップの“お姉さん”。以前からauユーザーの私は、ショップに行くと、元気にあいさつをしてくれる“auのお姉さん”に安心感を持ち、憧れるようになっていました。
    入社した当初は、業務の種類や量の多さにびっくり。当然、覚えることも多く、大変な仕事に就いてしまったと思いました(笑)。でも経験を重ね、今では新人教育を任されるまでになりました。どんな場面でも成長できる環境があることに、モチベーションも上がります。
    ショップスタッフとして、そして一人の女性として、一緒に自分磨きをしませんか?

  • スタッフの成長が自分の喜びです (auショップ店長・30代・男性)

    店長職について3年目を迎えました。働いてくれているスタッフがいるからこそお店が成り立つのだとつくづく感じています。だからこそ、できるだけスタッフが働きやすい環境を作ることを心がけています。
    僕とスタッフとの間に壁を作らないよう、普段の何気ない会話を大切にし、何でも言い合える、相談し合える関係を築くようにしています。そして、スタッフの成長を身近で感じる事のできる瞬間は、心から一緒に喜んでいます。
    皆さんもこのような職場で、ぜひ一緒に働きましょう!

  • インターンシップ補助金
  • ジョブカフェ信州
  • シューカツNAGANOキャリア相談室
このページに関するご質問及びご意見は、長野県 産業労働部 労働雇用課 雇用対策係までご連絡ください。
電話:026-235-7201 / FAX:026-235-7327 / Eメール:shukatsu@pref.nagano.lg.jp
しあわせ信州